ホテル・交通   |   観光地インデックス   |   お買い物ガイド   |   コラム

現地時刻:2017年06月25日 10時26分

トップ > 旅する  > コラム  > サイゴン今昔  > 第7回 郊外のフランス風民家

2007年02月07日

第7回 郊外のフランス風民家

古い写真で見るコロニアル建築(ホアン氏の家)
古い写真で見るコロニアル建築(ホアン氏の家)
ベトナム流フランス建築?

 ベトナムの優美なコロニアル建築、それはフランス人だけのものではなかった――今回は特別に民家にフォーカスして今昔を辿る。サイゴンばかりか遠く郊外にもある古びた建物は、外観はフランス風、内部はベトナム流という当時の流行が作らせたものなのだ。

天井近くの格子には「L・H」のイニシャル
天井近くの格子には「L・H」のイニシャル
富豪の家系の住まい

 ホーチミン市中心部から車・バスで約30分、ニャベー県内フースアン川の近くに昔日の趣を伝える家が建つ。今回は、特別に家主チュオン・ヴァン・ホアン(55歳)氏のご厚意で内部を案内してもらった。1930年に家を建てた祖父ラム・ゴック・ヒュウ氏は当時、近在で有数の富豪だったそうだ。

家の玄関にあたる部分から内部を見る
家の玄関にあたる部分から内部を見る
暑さ対策は万全
 このフランス風の家の長所を、ホアン氏はこう語る。「天井が高くて開放感がある。窓が多いから明るいし、通気性が良い。とにかく涼しくて快適な暮らしが送れる」ではベトナム流の部分はどこかといえば、内部に部屋を設けるのでなく、柱で3つに仕切るスタイルがそれだ。これは特に南部で伝統的に採用されている家の建て方なのである。

名刺には優雅な花も印刷されている
名刺には優雅な花も印刷されている
昔日の証

 一通り家を見せてもらった後、ホアン氏が祖父の名刺を取り出してきた。そこにはフランス語でCommercant(商人)と書かれており、遠い1930年代“仏領期”を強烈に感じさせる。サイゴンの今昔は、ひとつの民家にも確かに刻み込まれている。

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

記事一覧

第6回 Y字橋 Cau Chu Y ( 2006/12/12 )

第5回 動植物園 ( 2006/12/12 )

第4回 インドシナ銀行 ( 2006/12/12 )

第3回 インドシナ鉄道社屋 ( 2006/12/12 )

第2回 オペラハウス ( 2006/12/12 )

第1回 チョロン裏の運河 ( 2006/12/12 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
光海底ケーブルAPGでトラブル
ドンコイ通りにホテルオープン
ゴーバップ区に日産ショールームオープン
工員向けクレジット 利用特典も
ハナム省に初5つ星ホテル
7割実習、米大ホテル人材育成
KienLongB、UPCoM承認

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved