ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2017年08月20日 09時08分

トップ > 知る  > トレンド  > 意識調査  > ベトナム消費者実態調査 5

2007年02月14日

ベトナム消費者実態調査 5

情報提供:TOHO CO.,LTD.

ムード優先の消費
 テト期には、食品・飲料各社がテト・ムードを盛り上げる商品を発売する。これらに関し、男性の94%が、今年度テト期における特別パッケージ飲料を購入していた。

外見で購入を決定
 2006年テト期間直前およびテト期間中において、特に「飲料」の分野で特別パッケージ商品が数多く販売、広告展開された。実際に、これらの商品に注目し、購入者は全体の67%に上った。キャンペーン商品は、価格の大きな引き下げがあるわけではなく、単純にパッケージにテトをイメージさせるデザインを採用したにとどまる場合が多い。だが結果からは、祭事に利用した広告・プロモーションの秘める可能性が感じられる。

山と詰まれた清涼飲料やビールのケース。外観を赤でまとめるのがテト用商品の定石。他には新春の獅子舞の光景などを抽象化したイラストなども好まれる
山と詰まれた清涼飲料やビールのケース。外観を赤でまとめるのがテト用商品の定石。他には新春の獅子舞の光景などを抽象化したイラストなども好まれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性の消費に拍車も
 さらに興味深いことに、購入割合は男女別で大きく異なった。家計を任される女性では、実際にこうした商品を購入した人は57%にとどまり、一方男性では94%が商品を購入したと答えた。現在のベトナムにおいて、テト期やクリスマスなどのイベント時、贈り物として男性が商品を購入する文化が根付いていることが一因と考えられる。

Q5 テト向け商品を購入しましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

関連記事

国際女性デー、人気はラベンダー

33都市の幸福指数、ハノイ4位

越の若者は高級品購入に慎重

米国で好まれるコーヒー、越が6位

FMCG、食品は越メーカー優勢

「今大きな買物できず」消費調査

喫茶店でコーヒー、HCM市9割超

消費者8割がプロモーション商品購入

消費者信頼感調査、7割が貯蓄

購入多いFMCG製品、1位ビナミルク

FMCGの利用進む、成長率15.6%

消費者9割が節約、ニールセン調査

「理想的な仕事」越は地域最下位

将来就きたい職業「夢は医者」

広告は信用、苦情はサービス中心

子供服購入調査、支出多いハノイ

携帯所有1人5件、電話・ネット調査

エアコン、購買力は過去最高の伸び

消費者、新商品への支出抑えず

今後経済はさらに強く、楽観8割

消費文化、貧しくても贅沢好き

消費者の62%がニセモノ購入

消費者は品質とブランド重視

ミルク消費量は年6リットル

ビール消費量は東南アジア2位

消費トレンド、新商品は南部から

消費者の節約重視、鮮明に

ファッションへの支出、若者が牽引

ベトナム最新金持ち事情

スーパーを利用する男性増加

月間支出は73万ドン

消費割合、東南アジア最高

生活費、地域2番目の安さ

消費者信頼感指数、世界5位

支出は電気製品・衣服

男性の「お買物」は3%のみ

ベトナム消費者実態調査 7

ベトナム消費者実態調査 4

ベトナム消費者実態調査 3

記事一覧

ベトナム消費者実態調査 6 ( 2007/02/14 )

ベトナム消費者実態調査 5 ( 2007/02/14 )

ベトナム消費者実態調査 4 ( 2007/01/27 )

ベトナム消費者実態調査 3 ( 2007/01/27 )

ベトナム消費者実態調査 2 ( 2007/01/15 )

ベトナム消費者実態調査 1 ( 2007/01/15 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
Vinpearl、ニャチャン港を買収
北部洪水被災地にバイク50台寄贈
ハイフォン税関で大量の偽コンバース摘発
ダナンの4〜5つ星ホテル、1泊117.6ドル
世界最長ジップライン整備へ、クアンビン省
ハノイ、ラッシュ時大通りのタクシー営業規制
クアンアム省の外資企業でストライキ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved