ホテル・交通   |   観光地インデックス   |   お買い物ガイド   |   コラム

現地時刻:2017年04月29日 02時58分

トップ > 旅する  > コラム  > サイゴン今昔  > 第2回 オペラハウス

2006年12月12日

第2回 オペラハウス

 レリーフに注目するのも市民劇場詣での楽しみ
レリーフに注目するのも市民劇場詣での楽しみ
仏領期の精華
 ドンコイ通りでショッピングを楽しむ前、そのあとに必ず出会う建物、それが市民劇場(Nha Hat Thanh Pho)だ。
 1898年にフランス人の建築家フェレ(Ferret)設計で、フランス第三共和国期のバロック様式をもって建てられたこの劇場、噴水を前にした姿はじつに美しく、見る人を涼やかにさせる気品を漂わせている。

隣のカラベルホテルにも負けない存在感
隣のカラベルホテルにも負けない存在感

本場から来た
 パリもかくやと思わせる堂々の劇場だが、それもそのはず、正面部分に施された装飾は、建設当時、フランス本国から運ばれてきた。フランスはベトナムに「フランスパン」の他に、自前の美意識もまた持ち込んだのだった。

人力車がのどかなかつての市民劇場前
人力車がのどかなかつての市民劇場前
閑静な街はいま

 サイゴンのショッピングスポット、ドンコイ(旧名カチナ)通りに近く、正面向かって左に臙脂色の壁面も優美なコンチネンタル・ホテルを従えた劇場は、仏領期には黒塗りの自動車やシクロ、人力車で母国の文化の香りを懐かしむフランス人を数多く集めたにちがいない――まだバイクなどという、騒々しい乗り物がなかった時代のことである。

現在の市民劇場。威容に変わりはない
現在の市民劇場。威容に変わりはない
かつては議員も

 1955年から75年まではベトナム共和国議会として使用されていたのだが、閣僚や議員など、お歴々はここに登院するのがさぞ誇らしかったことだろう。その後、1998年にはサイゴン300周年を記念し、改修工事が行なわれて初期の姿にリフレッシュ、白亜の姿はより輝きを増した。

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

記事一覧

第6回 Y字橋 Cau Chu Y ( 2006/12/12 )

第5回 動植物園 ( 2006/12/12 )

第4回 インドシナ銀行 ( 2006/12/12 )

第3回 インドシナ鉄道社屋 ( 2006/12/12 )

第2回 オペラハウス ( 2006/12/12 )

第1回 チョロン裏の運河 ( 2006/12/12 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
30年ものの珍しい人参、2万ドル
フエ、観光客用無料トイレ広がる
「ベトナム米」ロゴ、コンペ実施
フーコック国際空港、利用急増
女装2人組、4,000万ドン盗む
発火Galaxy7、越でなお売買
ダナンの工業団地を宅地化

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved