ホテル・交通   |   観光地インデックス   |   お買い物ガイド   |   コラム

現地時刻:2017年06月27日 07時06分

トップ > 旅する  > コラム  > サイゴン今昔  > 第5回 動植物園

2006年12月12日

第5回 動植物園

動植物園は、森のなかにある動物園といった趣き
動植物園は、森のなかにある動物園といった趣き
都会の森

 統一会堂から直線に伸びるレユアン(Le Duan)通りの突き当たりには、都会の大森林がある。これが100年以上の歴史を持つ動植物園だ。かつてプレイノコール(森の都)と呼ばれていたサイゴンも、現在は気の毒なくらいの大気汚染で緑が弱々しくも見える。だが、ここでは違う。

自然が一堂に
 フランス人植物学者ルイ・ピエールの指揮のもと、1865年に完成したこの動植物園、カンボジア、ラオス、遠くはインドなどからも研究のために植物が運び込まれた他、トラやゾウといったベトナムでも希少種の動物も集められた。天をつく大木に丁寧に記された学名は、フランス人研究者らの熱意を今に伝える。

ゾウ舎の前で写真撮影する日本人一行の姿
ゾウ舎の前で写真撮影する日本人一行の姿
昔日の日本人

 日本がフランス領インドシナに軍隊を進めたのと前後して、日本ではにわか「仏印ブーム」が起こった。当時出版されたある本では、動植物園に触れて、「上野の動物園と比べたら、問題にならないほど小さな規模だ」と述べている。その本によると、当時のゾウは定期的にジャングルに放され、ストレス発散をしていたらしい。

園内でサトウキビなど購入して餌やりが可能
園内でサトウキビなど購入して餌やりが可能
目で見て触って

 規模はさほど大きくないが、この動植物園の魅力は動物との距離の近さ。日曜日ともなると地元客で賑わう。特段管理が厳しくないのか、動物に触ったりしても何の咎めもない。街が成長し、都市生活が窮屈になればなるほど、こんな手軽な大自然がありがたくなるのかもしれない。

 旅行で、日々の暮らしで喧騒のサイゴンに疲れたら、気軽に訪れてみたい。入場料は8000ドン(約0.5ドル)。

 

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

記事一覧

第6回 Y字橋 Cau Chu Y ( 2006/12/12 )

第5回 動植物園 ( 2006/12/12 )

第4回 インドシナ銀行 ( 2006/12/12 )

第3回 インドシナ鉄道社屋 ( 2006/12/12 )

第2回 オペラハウス ( 2006/12/12 )

第1回 チョロン裏の運河 ( 2006/12/12 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
南北冷凍冷蔵輸送、コスト節減
光海底ケーブルAPGでトラブル
ドンコイ通りにホテルオープン
ゴーバップ区に日産ショールームオープン
工員向けクレジット 利用特典も
ハナム省に初5つ星ホテル
7割実習、米大ホテル人材育成

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved