ホテル・交通   |   観光地インデックス   |   お買い物ガイド   |   コラム

現地時刻:2017年04月29日 02時59分

トップ > 旅する  > コラム  > サイゴン今昔  > 第3回 インドシナ鉄道社屋

2006年12月12日

第3回 インドシナ鉄道社屋

オレンジ色の屋根が陽射しに映える
オレンジ色の屋根が陽射しに映える
名所ベンタン市場の傍で

 ホーチミン市の観光名所、ベンタン市場近くのロータリーに面して古めかしい建物がある。ガイドブックには載っていないが、威厳のありそうなその姿を目にすることは多いはず。

 

見上げるほどに立派な建物
見上げるほどに立派な建物
栄光の日々

 ここはフランス領時代、インドシナ半島全体の鉄道網を司る、インドシナ鉄道の社屋として使用されていた。1940年ごろにはサイゴン〜ランソンを結ぶ南北縦貫鉄道が完成しており、さらに中国の昆明とハイフォンを結ぶ国際鉄道、滇越鉄道も整備されていた。

旧サイゴン駅とは?
 近くに駅もないのになぜ鉄道会社の社屋があったのか――そんな疑問も浮かぶが、かつてベンタン市場前に、サイゴン駅は存在した。

 現在の9月23日公園一帯がそれである。駅は市場とともさぞかし賑わっていたに違いない。

フランス領時代に撮影された写真。建物に変化は今もない
フランス領時代に撮影された写真。建物に変化は今もない

 この駅を中心に、サイゴン〜チョロン間の市電、サイゴンとメコンデルタのミトー、北方のゴム園地帯ロクニンへ行く鉄道が走っていたのが、フランス領時代なのである。

 サイゴンは、昔、鉄道の走る街だったというわけだ。

 

鉄路の夢、再び
 建物には現在、ベトナム鉄道総公社傘下サイゴン旅客輸送会社が入る。ベトナム全土で鉄道の老朽化が著しく、また都市交通機関の不足は解決が急がれている。ホーチミン市では、サイゴン〜ミトー間の鉄道敷設も新たに計画が建てられている他、都市鉄道の整備案も日本のODAを使用する形で実現しそうだ。

 サイゴンが再び鉄道の街になる日、それはそう遠くないのかもしれない。 

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

関連記事

南北51時間、快速貨物線が開業

メトロ1号線のサイゴン橋閉合

HCM-中部、格安鉄道ツアー催行へ

ハノイ・タインホア間で週末に高級列車

仲介業者、鉄道チケット買い占め

列車内の盗難が深刻化

日本製の蒸気機関車を復元

水牛と衝突し貨物列車が転覆

大雨で線路脇に巨大な岩

列車に張り付き峠越え

南北高速鉄道、始動

ハノイ、都市鉄道に着工

記事一覧

第6回 Y字橋 Cau Chu Y ( 2006/12/12 )

第5回 動植物園 ( 2006/12/12 )

第4回 インドシナ銀行 ( 2006/12/12 )

第3回 インドシナ鉄道社屋 ( 2006/12/12 )

第2回 オペラハウス ( 2006/12/12 )

第1回 チョロン裏の運河 ( 2006/12/12 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
30年ものの珍しい人参、2万ドル
フエ、観光客用無料トイレ広がる
「ベトナム米」ロゴ、コンペ実施
フーコック国際空港、利用急増
女装2人組、4,000万ドン盗む
発火Galaxy7、越でなお売買
ダナンの工業団地を宅地化

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved