ビジネス情報   |   人材・現地採用   |   進出と駐在   |   ベトナム語翻訳・通訳

現地時刻:2020/02/21 09時46分

トップ > 働く  > 進出と駐在  > 進出の形態  > 駐在員事務所

2007年01月05日

駐在員事務所

違反行為は新聞などでも報じられており、当局の目は厳しい
違反行為は新聞などでも報じられており、当局の目は厳しい
活動範囲

 駐在員事務所は個別の法人格を持たないため、契約の実行、金銭の授受、物品の売買など直接の商業活動は認められていない。また、営業行為、輸出のための物品購入、輸入品販売など、いかなる営利活動も禁止されている。

原則は情報収集
 駐在員事務所の活動範囲は、本社に代わる連絡及び情報収集、それにともなう従業員の雇用や銀行口座開設、活動に必要な資産の輸入(活動終了時に再輸出が必要)、事務所及び住居の賃借などに限定されている。

取り締まり強化も
 駐在員事務所の場合、ライセンス取得までに要する期間・費用を抑制できる。このため本来は本格進出に先立ち開設するものだが、実際は商業活動を行うケースもある。この違反行為をめぐり、最近は駐在員事務所の登録・申請手続きも複雑かつ厳格化しつつあり、管轄当局の取り締まりも強化されている。

(VietnamGuide.com)

このページを友人に知らせる

記事一覧

事業協力契約 ( 2007/01/05 )

委託加工契約 ( 2007/01/05 )

100%外国投資企業 ( 2007/01/05 )

合弁企業 ( 2007/01/05 )

駐在員事務所 ( 2007/01/05 )

  カテゴリ

  ベトナム最新情報
ベンタイン市場で大量の偽造品発見
モデルバスの路線を拡大
国内初のパイロット訓練センター、まもなく稼働
空港セキュリティ強化、監視カメラ増設
南部解放記念日、ホーチミン市内2カ所で花火
ベトナム人の飲酒、男性78%、女性22%
タクシーのナンバープレート、黄色への変更を提案

  スポンサーサイト

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved