ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/12/17 22時17分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

2012年02月18日

セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

 昨年12月、女性Mさんは、違法な解雇や上司からの謝罪、精神的苦痛の損害賠償を求め、ホーチミン市のある区人民裁判所に訴えた。

■手を握り、抱きしめる上司

 MさんはK社で昨年1月から働いていた。配属された部門を管理していたのは男性C氏。はじめC氏は、顧客対応や社内の業務を熱心に助けてくれた。だが時間が経つにつれ、彼女にとって不愉快な行為が目立つようになった。

 幾度となく意見したものの、C氏は笑ってやり過ごすだけ。その後も人がいないときに触ったり、手を握ったり、ぶつかったり、撫でたりといった行為は続き、時には彼女を抱きしめる始末。耐え切れなくなったMさんは直接社長に申し出て、別部門への異動を願い出た。

 するとその1週間後の2011年11月15日、彼女はC氏から、解雇通知を受け取った。業務を遂行できない、というのが理由だった。さらにこの決定を渡す際にC氏は、解雇は自分を誹謗したため、とも言ってきた。

 それから彼女は何度も社長への面会を申し出たが果たせず、結局、違法な解雇の撤回と、K社による給料・退職手当2,000万ドン(約1,000ドル)の賠償、同時にC氏からの公開謝罪と精神的苦痛に対する損害賠償2,000万ドンを求める訴えを、裁判所に起こした。

■「行き過ぎた行為なかった」

 先日開かれた和解調停でC氏は、彼女への公開謝罪に同意しなかった。解雇を決めたのは会社であり、自分はそれを通知しただけと言う。さらにC氏は、彼女が自分を誹謗したと主張する。彼女への行き過ぎた行為は何もなく、自分のモラルについては、多くの人が証言できるという。

 K社側は、解雇理由に彼女の遅刻の多さを挙げ、営業に回ると外出したものの、実際には別のことをやっていたことがあるとも指摘した。また会社側は、彼女とC氏には仕事上の行き違いがあったものの、個人的なものであるため会社として立ち入るようなことはしていないとし、Mさんの要求は不合理で、会社として応じられないとした。

■証拠不十分

 ホーチミン市人民裁判所民事法廷の裁判官は、これは、労働契約の解消に関する訴訟という。K社が業務を遂行できないとの理由で解雇するなら、少なくとも1カ月に2回は業務上の違反があり、違反書類を起こしていなければ、解雇決定には十分でないという。

 さらに、解雇は事前通告しなければならず、決定を渡すだけではダメだ。だがMさんが、解雇はC氏のセクハラ行為を上司に訴えたため、と主張していることも、彼女が一方的に主張しているだけで、証明はなされていない。現状C氏は、自分にそのような行為はなかったと主張しており、MさんがC氏の行為を証明できなければ、MさんがC氏から誹謗したと逆に訴えられる可能性もあるという。Mさんが今やるべきことは、自分の主張が正しい事を証明するための証拠集めのようだ。

 なおこの裁判官によると、現在ベトナムの法律では、セクハラに対する具体的な処罰は規定されていない。

(Phap Luat)

このページを友人に知らせる

関連記事

歴史的アオザイ展示、HCMC南部女性博物館

58歳体外受精で出産、閉経3年

「家事は女の仕事」まだ色濃く

「民族語」使って風俗店から脱出

500万発見の女性、慈善活動に

労働者国外送出し、女性3分の1

女社長が外国人経営の会社襲う

アジア有力ビジネスウーマン、越は3名

女性工員、月収500万ドン以上2%

アジア女性経営者トップ50越は2人

希望を見出せない女性労働者

規定変更で売春婦「社会復帰」

ハス売り10年、ひらめきが生業に

妻がオトコと入浴、5000ドル恐喝

工員がトイレで出産、赤ちゃん死亡

上司と不倫、ビデオ撮影し告発

子供使って・同伴で、妻の夫管理

ベトナム企業約3割は女性経営者

モデルが胸を露出、罰金500万ドン

ミスのセクシー写真集で文化省見解

ミスコン出場者、レストランで接待強要?

セックスは「義務」47%、中年女性

出生率は南低北高、ホーチミン最低

ホーチミン市、女性管理職増加へ

アジアで多い女性管理職、越23%

女性の日は大学生の稼ぎ時

騙され出産、ベトナム人女性を救出

取調映像流出、売春婦人権なし

女性の6割、家庭内暴力の被害

浮気に嫉妬、妻が自宅を燃やす

キャンギャル、月収数千万ドンも

ミスコン、想定外の質問に動揺

妊婦は勇敢、足りない支援も

冗談に嫉妬、夫の性器を切落とす

新生児の母親2割は19歳以下

ベトナムの少女に多い性の誤解

中絶犠牲の命に祈り、多数参加

豪華なヴィラに「眠る」女性

妻と勘違い? 義妹と関係持つ

妻に「切られた」夫を愛人が救う

小さな少女と祖母の深い愛情

増える夫から妻への家庭内暴力

女性管理職が占める割合は28%

権力者との関係を自慢する人々

日本に嫁いだベトナムの王女

「ベトナムの微笑み」をビジネスに

自殺者、女性が7割と圧倒

慈善活動、続けて30年

スタイル維持のため喫煙する女性

悪魔の囁きに無防備すぎる少女

酒に溺れる女子大生たち

愛情を確認したがる越人女性

ミスコンは「急造」美人大会

料理教室がハノイの女性に人気

在日ベトナム人女性の境遇

見知らぬ女性のメールに要注意

山内あゆ、日本で活躍する越人

女子大生が日本語学校を運営

愛人つくって妻に「切られる」

夫をアゴで使うベトナム人女性

高学歴女性に未婚者が多い理由

寒村、一握りのコメで助け合い

綺麗なおしんに妻はやきもき

居酒屋で男を狩る女たち

女性に人気、トムボーイスタイル

毒性の葉を食べ女児自殺

女性2人が「イモ」で起業

在米ベトナム人老人の孤独

邦人女性写真家、ギネス認定

夫を支え続ける妻、愛の日記

妊婦の高い帝王切開率

「男性」切断に3年半の実刑

子供欲しさに「妊娠」買う

なります貴方の「飲み友達」

歌手が環境フォーラム大使に

はい、女性タクシーでございます

妻の嫉妬自慢コンテスト

ミスも顔負け、山岳部の美人村

OLが斬新なロウソクで副業

3度生き返ったおばあちゃん

韓国へ嫁いだ花嫁は2万人

美への欲求、その懐事情は

女心が支える高級化粧品

ベトナム人女性、ビジネスに才覚

3人娘が漫画喫茶をオープン

妻の怒り、不倫相手を丸坊主に

鉄格子の中の母親達

女が酒におぼれるとき

増える女性からのアプローチ

ビジネスウーマンの苦悩

カカア天下

記事一覧

解放記念日とメーデーで4連休 ( 2018/04/18 )

指紋認証で子供のバス通学を管理、ホーチミン市 ( 2018/04/12 )

人口の16%が精神の健康に問題、ホーチミン市 ( 2018/04/11 )

U23ユニ競売「土地・朝食我慢」申し出も ( 2018/02/13 )

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved