ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/04/20 10時12分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > ヴィトン、偽造品販売業者に勝訴

2011年10月31日

ヴィトン、偽造品販売業者に勝訴

 最高人民裁判所は10月27日、Louis Vuittonが偽造品販売業者H氏を相手取り起こした知的所有権の訴えについて審理を開き、被告側の控訴を退け、初審の判断を支持する判決を下した。

 初審の判決によると、Louis Vuitton側はベトナムで知的所有権をすでに登録している。2009年5月からLouis Vuitton側はホーチミン市1区のショッピングセンター・サイゴンスクエア内のH氏の販売店で、Louis Vuittonの偽造品が販売されているのを複数回発見した。書面で違反行為をやめるよう求めたがH氏は販売を継続した。H氏はこれまでにも4回行政処分を受けている。

 2010年11月にLouis Vuitton側はH氏の違反行為の中止またマスメディア上での公開謝罪、7,200万ドン(約3,600ドル)の賠償また弁護士費用1万ドルの支払いを求め提訴した。ほかにも所管機関による3カ月の営業停止命令やサイゴンスクエア側がH氏にブースを貸し出さないことなどを求めていた。

 初審でホーチミン市人民裁判所は、原告の要求を一部認め、あらゆる形でのLouis Vuittonの商標侵害行為の中止、また新聞での公開謝罪をH氏に命じた。この他H氏には、1,000万ドン(約500ドル)の賠償と費用5,800万ドン(約2,900ドル)の支払いを命じた。

 控訴審でH氏は違反を認めたが、家庭が困難な状況にあることから賠償額の減額を求めていた。最高裁は、初審の判決による賠償額は妥当だと判断した。

(Thanh Nien)

このページを友人に知らせる

関連記事

輸出世界2位、履物づくりの「実力」

「中国製」グッチ、また摘発

不況に笑うエルメス

ポンプ偽造品、中国製品出回る

越企業のコマ、連続回転ギネス

印刷済パッケージ輸入、中身は別

人気ブランド、トップはホンダ

人気飲食店、類似名称の店多数

LEDテレビ、出だしは好調

フーコック産のヌクマム、本物は1割

ホンダにソニー、消費者が見たブランド

経済危機も贅沢品の売行き好調

国の文化をまとう包装の重要性

商品名は呼びやすさが第一

高級ブランド出店ラッシュ

飲み仲間で始めたシェイク店

伝統?国際的?商標のあり方

そのTシャツ、「チョロン」製?

消費者、ブランド意識に高まり

記事一覧

指紋認証で子供のバス通学を管理、ホーチミン市 ( 2018/04/12 )

人口の16%が精神の健康に問題、ホーチミン市 ( 2018/04/11 )

U23ユニ競売「土地・朝食我慢」申し出も ( 2018/02/13 )

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )

Mizuki Parkで『こいのぼり』イベント開催中 ( 2018/01/19 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved