ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/12/11 12時41分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > 夫をアゴで使うベトナム人女性

2008年06月07日

夫をアゴで使うベトナム人女性

 昨年の中秋節、台湾のゴー老の息子のベトナム人妻Lは、台湾人男性と結婚している20人以上のベトナム人妻をパーティーに呼んでいた。その間、老夫婦はもう一人のベトナム人妻Nのところに行っていた。

 楽しいパーティーが終わり、残った料理をLは友人たちに持ち帰らせた。これを見た9つになる子供が「おじいちゃんとおばあちゃんは、まだ朝から何も食べてないよ。とっておかないの?」と聞くと、Lは冷たく「おじいさんもおばあさんも足も手もある。食べたきゃ自分で作るわよ」と言った。

 チュオン老宅は山すそに果樹園を持っていた。午後になると、息子はその果物を売りに行くのだが、ベトナム人妻はといえば、他の同郷の妻達と連れ立って近くの賭場に出かける。チュオン老が、賭け事はもうやめて、仕事をして子供のために貯金してくれないかと懇願すると、ベトナム人妻は「あぁウルサイ。死ねば?」と言い放った。

 立ち寄った台中のベトナム料理店で、また驚愕の出来事に遭遇した。ホーチミン市出身のPは、トラック運転手をする台湾人夫と結婚した。彼らは3階建ての家屋を月々1万6,000台湾元(約522ドル)で借り、料理屋を開いていた。

 私たちが訪ねたときに客の姿はほとんどなく、ショートパンツにキャミソール姿の妻が、出たり入ったりしながら、夫を叱り飛ばしていた。自動車で3時間以上かかる台北から荷物を運んで戻ってきたばかりの夫は疲れた面持ちで、ビンロウを噛みつつ、妻の指導に従いあくせく動き回っていた。そんな彼は「デブ、のろまなカメ」と妻から呼ばれ、きわめて汚いベトナム語で罵られていた。

 他のベトナム料理店でも同様の状況があった。痩せぎすの、頭の禿げ上がった60歳くらいの台湾人夫が体に汗して働く傍らで、23歳若いHというベトナム人妻は、のん気に座ってテレビを見ていた。

 彼女は同郷の人間の訪れに喜びを露にし、床を磨いていた夫は、あわてて客のために水を取りにいき、タバコを用意した。彼は、妻の友人に努めて親切に振舞っていたが、帰ってきたのは妻の冷たい態度。Hがメコンデルタ訛りで話す出来事は、鳥肌を立たせるのに十分だった。

 「私はいい妻よ。他の人たちなんて、夫が仕事に出かければ、愛人とホテルに行って、年寄りの夫、悪い夫とした結婚に仕返ししてる。博打、借金の話なんて腐るほど」と彼女は言う。

 台湾中に数百あるベトナムの食堂やカフェは、ベトナム人妻たちの集会の場ともなっている。最近ではそのような一部の店が、内部で賭場を開くようになった。ここにベトナム人妻たちが集まり、大博打を打つ。質入も、高利貸しも、「講」もここから発生している。

 高雄にあったベトナム料理店「スアンマイ」は、警察の手入れを食らったが、ドンタップ省出身の店主はといえば、警察を前にしても何ら悪びれず、「アツアツのラーメンとアイスコーヒーが飲みたい」と言ってのけた。

 警察はこれに、あわてて車を飛ばして買いに行くことになった。台湾の法律では、拘束されている人間にも必要なものを警察に要求する権利がある。適切に対応しなければ、その警官は訴えられ、職を失う可能性すらあるのだ。

 台中でベトナム料理店を営む女性、高雄でネイルアート店を営む女性、台北の空港で出会った女性工員にこんな質問をしてみた「子供にベトナム語を教えてる?」。返ってきた答えは、大きな笑い声とともに、「教えてない。教えれば、ベトナムに電話して話をしていることや送金していること、友達や恋人との約束なんかもバレちゃうじゃない」。

 台湾で出会った全てのベトナム人妻が、流暢に台湾の言葉を話す。しかし彼らの夫といえば、ベトナム語がまったくわからず、目の前で愛人に「大好き」などと話されていても、くちゃくちゃとビンロウを噛んでいる。

 幸せのない結婚、遠く離れた見知らぬ地での孤独、そして故郷とあの日の恋に想いをはせる日々。そうしてベトナム人妻たちはいつしか、同郷の人間との恋を探すことになる。

 台湾にいるベトナム人男性は非常に少ない。台湾が観光客にビザを発給していないからだ。労働輸出で台湾で働くベトナム人男性はおよそ2万人。しかしこの半数は、不法滞在者だ。

 職場から逃げ出した人々は警察に捕まれば収容所行き、それか隠れて逃げ回る生活を送ることになる。そのため「反逆」ベトナム人妻が、ベトナム人男性の愛人を作る機会も、そうあるものではない。

 高雄のマッサージ店「ホアンミー」を訪ねた。店主は台湾人だが、従業員は全てベトナム人――台湾人夫と離婚した、うら若き美しい女性たちだ。

 客がベトナム語を話すのを聞いて、イエン・チャンは鳩が豆鉄砲を食らったような顔をした。少しして落ち着いた彼女は立ち上がり、腕を腰にあて「ベトナムの公安? ワルいベトナムの女の子とか、逃げた人とか調べてるの?」と言った。違うのなら、なぜここにいるのか、台湾は観光ビザを出していないじゃないか、そう聞く。

 ここを訪れる前に台湾の友人から、このような店は台湾の黒社会が絡んでおり、商売に探りを入れるような人間は殺されることもあると聞いていたので、私たちは、ビジネスで台湾に来た人々を装った。

 答えに納得したのか彼女はほっとしたようで、すると突然廊下に飛び出し、ベトナム語で「ねぇ! 私のところにベトナムのお客さんが来ちゃった!」と叫んだ。近くの部屋の3?4人の女性たちが客を放り出し、部屋に顔を覗かせた。

 ベトナム人の客をジロジロと眺め、そしてクスクスと笑い出す。いわく、3年ほどここで仕事をしているが、ベトナム人の客に会ったことはなく、今日はとてもハッピーだという。

 彼女らは、私たちを応接ルームに連れ出し、お茶を勧め、あらゆることを尋ねる。「ベトナムはすごく発展したんだってね」「私の故郷のカマウ省ダムゾイに行ったことある?」「ミートゥアン橋ってすごく大きくて、きれいなんでしょ?」。

 ある女性は、冗談交じりにこう言った「もう少しここでおしゃべりしたら、遊びに連れて行って」。2,000元(約65ドル)を店主に渡せば2時間外に行けるそうで、「ベトナムの人だったら……アタシがチップをあげちゃおう!」。

(Cong An)

このページを友人に知らせる

関連記事

歴史的アオザイ展示、HCMC南部女性博物館

58歳体外受精で出産、閉経3年

「家事は女の仕事」まだ色濃く

「民族語」使って風俗店から脱出

500万発見の女性、慈善活動に

労働者国外送出し、女性3分の1

女社長が外国人経営の会社襲う

アジア有力ビジネスウーマン、越は3名

女性工員、月収500万ドン以上2%

アジア女性経営者トップ50越は2人

希望を見出せない女性労働者

規定変更で売春婦「社会復帰」

ハス売り10年、ひらめきが生業に

妻がオトコと入浴、5000ドル恐喝

工員がトイレで出産、赤ちゃん死亡

上司と不倫、ビデオ撮影し告発

子供使って・同伴で、妻の夫管理

ベトナム企業約3割は女性経営者

モデルが胸を露出、罰金500万ドン

セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

ミスのセクシー写真集で文化省見解

ミスコン出場者、レストランで接待強要?

セックスは「義務」47%、中年女性

出生率は南低北高、ホーチミン最低

ホーチミン市、女性管理職増加へ

アジアで多い女性管理職、越23%

女性の日は大学生の稼ぎ時

騙され出産、ベトナム人女性を救出

取調映像流出、売春婦人権なし

女性の6割、家庭内暴力の被害

浮気に嫉妬、妻が自宅を燃やす

キャンギャル、月収数千万ドンも

ミスコン、想定外の質問に動揺

妊婦は勇敢、足りない支援も

冗談に嫉妬、夫の性器を切落とす

新生児の母親2割は19歳以下

ベトナムの少女に多い性の誤解

中絶犠牲の命に祈り、多数参加

豪華なヴィラに「眠る」女性

妻と勘違い? 義妹と関係持つ

妻に「切られた」夫を愛人が救う

小さな少女と祖母の深い愛情

増える夫から妻への家庭内暴力

女性管理職が占める割合は28%

権力者との関係を自慢する人々

日本に嫁いだベトナムの王女

「ベトナムの微笑み」をビジネスに

自殺者、女性が7割と圧倒

慈善活動、続けて30年

スタイル維持のため喫煙する女性

悪魔の囁きに無防備すぎる少女

酒に溺れる女子大生たち

愛情を確認したがる越人女性

ミスコンは「急造」美人大会

料理教室がハノイの女性に人気

在日ベトナム人女性の境遇

見知らぬ女性のメールに要注意

山内あゆ、日本で活躍する越人

女子大生が日本語学校を運営

愛人つくって妻に「切られる」

高学歴女性に未婚者が多い理由

寒村、一握りのコメで助け合い

綺麗なおしんに妻はやきもき

居酒屋で男を狩る女たち

女性に人気、トムボーイスタイル

毒性の葉を食べ女児自殺

女性2人が「イモ」で起業

在米ベトナム人老人の孤独

邦人女性写真家、ギネス認定

夫を支え続ける妻、愛の日記

妊婦の高い帝王切開率

「男性」切断に3年半の実刑

子供欲しさに「妊娠」買う

なります貴方の「飲み友達」

歌手が環境フォーラム大使に

はい、女性タクシーでございます

妻の嫉妬自慢コンテスト

ミスも顔負け、山岳部の美人村

OLが斬新なロウソクで副業

3度生き返ったおばあちゃん

韓国へ嫁いだ花嫁は2万人

美への欲求、その懐事情は

女心が支える高級化粧品

ベトナム人女性、ビジネスに才覚

3人娘が漫画喫茶をオープン

妻の怒り、不倫相手を丸坊主に

鉄格子の中の母親達

女が酒におぼれるとき

増える女性からのアプローチ

ビジネスウーマンの苦悩

カカア天下

記事一覧

解放記念日とメーデーで4連休 ( 2018/04/18 )

指紋認証で子供のバス通学を管理、ホーチミン市 ( 2018/04/12 )

人口の16%が精神の健康に問題、ホーチミン市 ( 2018/04/11 )

U23ユニ競売「土地・朝食我慢」申し出も ( 2018/02/13 )

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved