ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/06/23 11時45分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > 子供欲しさに「妊娠」買う

2008年04月14日

子供欲しさに「妊娠」買う

 人生に喜びを、老後のために子供が欲しい、そんな思いに協力してくれる男性を探している年配女性の弟になりすまし、バイクタクシーや産婦人科病院近くにいる人にあたった。そして数日後、私はある人物に会うことができた。

 ■「妊娠料」、ハンサムなら500ドル
 5区フンブオン病院近くのカフェで、60歳近く、目深に帽子をかぶる女性バイさんに会った。以前に一度会ったこともあり、婦人は単刀直入に話を切り出した。

 男性を選ぶため、ということでバイさんは私の姉の年齢や健康状態などを聞き、料金は男性の「質」で決まり、通常は500万?600万ドン(約313?375ドル)だと言う。

 「ハンサムな男性、高学歴の男性は800万ドン(約500ドル)くらい。私がもらう紹介料は100万ドン(約63ドル)」と彼女は言う。
 

 私がうなずくと、彼女はさらに話を続け、「お姉さんが同意したら、その男性のHIV検査結果と健康診断書、学歴証明書を見せてあげる」と言う。

 妊娠の兆候があれば、姉は婦人と男性にお金を支払い、5回行為をしても妊娠しなければ契約は解消する。

 最初の男性で妊娠の兆候がなければ2人目が紹介され、やはり5回、場所をそれぞれ変えて行為をする。

 「2人目は、成功率の高い男性を紹介することを約束する。それでも妊娠しなかったらお手上げ。あなたのお姉さんの方に原因があるわ」と彼女は言う。

 私は同意し、明後日の午後、姉を連れてくると約束した。
 

 バイさんによると、未婚の40歳過ぎの女性達は、婚期を逃した人たちだ。

 多くが、見た目に劣る、家族関係が複雑、高学歴、社会的地位が高いといった人々で、夫を早くに亡くした人もおり、夫への想いが薄れてきた頃には、もういい歳になっている。

 自分で子供を産みたいという理由から、このような独身女性のなかには、養子をもらうのではなく妊娠を「買う」人も多い。

 以前は、協力者は職場の人や友人の紹介がほとんどで、お金もかからなかったが、最近ではこのような、夫はいなくとも子供は欲しいという女性が増え、男達も報酬を要求するようになった。

 お金がかかるため、自分の希望通りの子供を産むために、様々な基準を売り手に求める女性も少なくない。

 「売り手」は35?45歳の男性で、健康で清潔、仲介人に従うことが条件となる。

 「誰にも知られず、後々双方でもめないように同意書をつくるの」とバイさんは、交わしたばかりという同意書を取り出して見せてくれた。

 病院で精子を提供してもらう方法もあるが、年齢や検査、選別の規定があり、各種費用もかかるため、躊躇する人も少なくない。

 ■売り手の本音
 私と「姉」は夕方、約束のカフェに行った。10分後、バイ婦人は中肉中背で色白のまあまあハンサムな男性と現れた。
 

 フンというその男性は40歳で、妻と2人の子供がおりタクシー運転手をしていたという。私の姉が頷くと、バイさんは彼に、必要な証書を見せるよう言った。

 仲介人の役目はここで終了。私の姉が妊娠したら、フンにお金を払うよう告げ、彼女はその場を後にした。姉は躊躇しているという素振りを見せ、後を私に任せて先に帰った。
 

 フンはバイさんが以前話した様々な約束事を繰り返し、「私の値段は800万ドン、それ以上要求することはありません。実際の行為の場所はそちらで決めてください。『関係』を持つ気になったら、いつでも電話してください」と話す。

 しばらく話をしていると、フンは自分を質がよい、提供した女性はみなすぐに妊娠したとアピールしてきた。
 

 彼がこの仕事を始めたのは偶然から。運転するタクシーにたまたまバイさんが乗り、話を持ちかけられたという。損することなく金が手に入るとあって一も二もなく同意し、数日後、彼は客に紹介され、行為をした。

 初仕事は成功し、「それからタクシーの仕事を辞め、これ一本にした。客は毎月いて、その報酬で家族を養える」と言う。
 

 明日、姉は出張に出てしまうという理由をつけ、姉が帰ってきたら、契約すると提案した。

 時間を割いてもらった代わりに、私は彼にごちそうした。ビールを何缶か空けた後、フンは売り手の男性について教えてくれた。

 「この仕事はすぐに始められ、いい思いもできるので引き受ける男は多い。でも売り手も色々。女性に同情している人もいれば、カネ目的、もしくは自分の欲求を満たすだけという人も」。

 またこの世界には、どんな男性が潜んでいるかわからない。交渉時に買い手は健康診断書、エイズ検査結果、または皮膚病などは分かるが、その他の病気については知る由もない。
 

 クアンという男は、個人病院の医師だったが薬物中毒で職を失った。クスリを買うカネほしさに38歳の時に売り手となった。

 外見もよく、優先的に仕事をもらっているが、子供が障害を持って生まれる可能性があることを、医学を学んでいた人間ならよく知っているはずだ。

 しかしクスリのためにはそんなことなど関係ない。妊娠させるまでが任務であり、その後、子供がどんな姿で生まれようと知ったことではないのだ。

 ■「お母さん」と呼ぶ声が聞きたい
 妊娠提供サービスは成長し、仲介人も多い。数日後、私は姉の妊娠に協力するという売り手から何度か連絡を受け、仲介人兼売り手をやっているタインに会うことにした。

 タインの話は、バイさんやフンが話したこととほぼ同様だった。しばらく話した後、50万ドン(約31ドル)の心づけを渡し、口外しないという約束で、私は売り手を演じさせてもらった。
 

 最初の客はホアという45歳の経理をしている女性。フーニュアン区の広々とした家に一人住まいのホアさんは、私を家に入れた時、明らかに動揺していた。

 28歳で家庭を築き、夫は水産物の研究をしている学者だった。だがしばらくして、夫を交通事故で亡くした。

 夫を想い続け、彼女は他の男性からの求婚を拒み、仕事が終わればまっすぐ家に帰り、自分と夫の両親の世話をした。

 慕ってくれる甥や姪もいたが、親達が亡くなり、甥や姪も成長すると、また孤独になった。「再婚したいと思った頃には、もうこんな歳」とホアさんは話した。
 

 「『お母さん』って呼ぶ可愛い声が聞きたい。毎晩孤独で、改めて自分には子供が必要だと思った。迷っていたけど、ようやく決心がついたの。成功したら、同意した金額の他にも、私の気持ちを聞いてもらったお礼にもう少し払いますね」とホアさんは言う。

 更に彼女はこう続ける。「シングルマザーは周囲に何を言われるか分からない。耐えるしかない。子供ができたら楽しく過ごせるのだから」。

 私は、彼女の子供を切望する気持ちに感動した。今日は体調がよくないという理由で仕事を断り、タインに別の売り手を探してもらうことを約束して帰った。
 

 このような女性達はみな、父親がいない子供達がどれだけ傷つくか、友達にいじめられたりするかも分かっている。

 しかし我が身にその責めを負い、子供が成長し、いつか母親の苦しみを理解し、許してくれることを願うしかないのである。

(Phap Luat Online)

このページを友人に知らせる

関連記事

歴史的アオザイ展示、HCMC南部女性博物館

58歳体外受精で出産、閉経3年

「家事は女の仕事」まだ色濃く

「民族語」使って風俗店から脱出

500万発見の女性、慈善活動に

労働者国外送出し、女性3分の1

女社長が外国人経営の会社襲う

アジア有力ビジネスウーマン、越は3名

女性工員、月収500万ドン以上2%

アジア女性経営者トップ50越は2人

希望を見出せない女性労働者

規定変更で売春婦「社会復帰」

ハス売り10年、ひらめきが生業に

妻がオトコと入浴、5000ドル恐喝

工員がトイレで出産、赤ちゃん死亡

上司と不倫、ビデオ撮影し告発

子供使って・同伴で、妻の夫管理

ベトナム企業約3割は女性経営者

モデルが胸を露出、罰金500万ドン

セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

ミスのセクシー写真集で文化省見解

ミスコン出場者、レストランで接待強要?

セックスは「義務」47%、中年女性

出生率は南低北高、ホーチミン最低

ホーチミン市、女性管理職増加へ

アジアで多い女性管理職、越23%

女性の日は大学生の稼ぎ時

騙され出産、ベトナム人女性を救出

取調映像流出、売春婦人権なし

女性の6割、家庭内暴力の被害

浮気に嫉妬、妻が自宅を燃やす

キャンギャル、月収数千万ドンも

ミスコン、想定外の質問に動揺

妊婦は勇敢、足りない支援も

冗談に嫉妬、夫の性器を切落とす

新生児の母親2割は19歳以下

ベトナムの少女に多い性の誤解

中絶犠牲の命に祈り、多数参加

豪華なヴィラに「眠る」女性

妻と勘違い? 義妹と関係持つ

妻に「切られた」夫を愛人が救う

小さな少女と祖母の深い愛情

増える夫から妻への家庭内暴力

女性管理職が占める割合は28%

権力者との関係を自慢する人々

日本に嫁いだベトナムの王女

「ベトナムの微笑み」をビジネスに

自殺者、女性が7割と圧倒

慈善活動、続けて30年

スタイル維持のため喫煙する女性

悪魔の囁きに無防備すぎる少女

酒に溺れる女子大生たち

愛情を確認したがる越人女性

ミスコンは「急造」美人大会

料理教室がハノイの女性に人気

在日ベトナム人女性の境遇

見知らぬ女性のメールに要注意

山内あゆ、日本で活躍する越人

女子大生が日本語学校を運営

愛人つくって妻に「切られる」

夫をアゴで使うベトナム人女性

高学歴女性に未婚者が多い理由

寒村、一握りのコメで助け合い

綺麗なおしんに妻はやきもき

居酒屋で男を狩る女たち

女性に人気、トムボーイスタイル

毒性の葉を食べ女児自殺

女性2人が「イモ」で起業

在米ベトナム人老人の孤独

邦人女性写真家、ギネス認定

夫を支え続ける妻、愛の日記

妊婦の高い帝王切開率

「男性」切断に3年半の実刑

なります貴方の「飲み友達」

歌手が環境フォーラム大使に

はい、女性タクシーでございます

妻の嫉妬自慢コンテスト

ミスも顔負け、山岳部の美人村

OLが斬新なロウソクで副業

3度生き返ったおばあちゃん

韓国へ嫁いだ花嫁は2万人

美への欲求、その懐事情は

女心が支える高級化粧品

ベトナム人女性、ビジネスに才覚

3人娘が漫画喫茶をオープン

妻の怒り、不倫相手を丸坊主に

鉄格子の中の母親達

女が酒におぼれるとき

増える女性からのアプローチ

ビジネスウーマンの苦悩

カカア天下

記事一覧

解放記念日とメーデーで4連休 ( 2018/04/18 )

指紋認証で子供のバス通学を管理、ホーチミン市 ( 2018/04/12 )

人口の16%が精神の健康に問題、ホーチミン市 ( 2018/04/11 )

U23ユニ競売「土地・朝食我慢」申し出も ( 2018/02/13 )

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved