ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018年02月19日 09時01分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 出来事  > スクラップ回収で財を成した村

2007年11月08日

スクラップ回収で財を成した村

 バックニン省ヴァンモン村クアンド集落には、軍用機・ミサイル・装甲車・戦艦のスクラップを回収し、一山当てた人々がいる。

 色黒で白髪頭のロンさんは、この業界では有名だ。現場ではロシア製の航空機IL18が彼の指揮の下で解体されていた。

 ロンさんは「この機種ならアルミ4トンは取れるかな」と話すが、実はアルミよりも、導線や接続部など高価な合金が使われている部分の販売が大きな収益源だ。

 集落では豪邸や高級車を多く目にする。住民は空き缶などの回収から始め、航空機や自動車のスクラップ業など、利益の高いものに幅を広げてきた。

 ロンさんは、「資金は心配ない。一番重要なことは、スクラップが売却されるタイミングと売買に誰が責任を持つかということだ」と話す。

 スクラップ業に従事するフンさんは数年前、機関車1両と客車10両を手に入れ儲けたが、その後ミサイルを買い取った時に、表面の銅メッキを金メッキと誤解して大損した。

 集落には航空機の解体場が3カ所ある。いずれもハンマーと灯りがあるだけの工場に過ぎず、横たわる巨大な航空機からは焦げ臭い匂いが立ち上り、まるで戦場のように見えなくもない。

 事故が起きることもある。数年前、爆弾の解体作業をしていたところ、20人の作業員が突然よろめき、次々と倒れた。中が空だと思い込んだ作業員が、有毒物質が詰まった爆弾をハンマーで打ったことが原因だった。

 400世帯が暮らす集落には40の業者があり、それぞれが国内各地に調達網を張り巡らせている。IL18の購入時にはパイロットも雇い、航空機の状態の詳細チェックが行われた。

 集落では、親戚同士ならスクラップ調達資金として数十億ドンがすぐに融通されるという。解体したスクラップの販売先もハノイなど近辺にあり、この業界の成長は著しい。

 一方で、解体作業による環境汚染も進んでおり、呼吸器や皮膚の障害に苦しむ住民もいる。男性も小柄で咳き込む人が多く、健康不十分という理由から軍も徴兵を見送るほどだという。

(Tuoi Tre)

このページを友人に知らせる

関連記事

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず

1月の空港利用者780万人

コンダオ空港、2020年までにA320型利用可能

ベトナム航空、累計旅客数2億人達成

フーコック島に英国からの直行便が初到着

航空各社がテト期のチケット発売

ノイバイ空港タクシー、最安サービスが登場

ハノイ−Phu Yen線を再開

飛行機遅延や欠航時サービスで新規則

外国人パスポート失っても国内線利用可能に

ロンタイン国際空港設計「蓮の花」案

ベトナム航空売上増、24時間体制顧客ケア 

ジェットスター ダナン/ハノイ−大阪便を開設

JP航空、ハイフォン−QB線就航

越空港管制、30分応答せず

ロンタイン空港設計案、候補3案に

ベトナム航空ハノイ−シドニー線就航

空港放置のボーイング機を競売へ

ジェットスターがモバイルチェックイン導入

日本人男性、靴脱がず搭乗拒否

VN航空、今年の利用者2000万に

ベトジェット、ハノイ−台北/フエ線就航

ベトナム航空、子供用設備拡充

バニラ・エア、HCM−東京線を就航

酒貰えず韓国人機内で座席壊す

CAをビンタ、男性ビジネス客に罰金

エミレーツ航空がハノイ線就航

ベトナム航空が手続き簡素化

ANA、10月に成田-HCMC線増便

中国南方航空が広州-フーコック線

レーザー照射事件多発、ノイバイ空港

ベトジェットエアがホーチミン市−台南線

ベトナム航空がダナン・バンコク線就航

航空各社、越直行便を続々開設

ベトジェット、ハイフォン発着便を就航

カットビ空港が国際空港化

ハノイ、2020年までに5空港体制

タンソンニャット空港ラウンジがリニューアル

クアンニン空港、17年Q4にも開業へ

テト期の飛行機利用者20%増

ベトナム航空、テトはチェックイン前倒し

ダナン空港利用者、今年600万人に

ベトナム航空ハイフォン・ニャチャン線就航

越入国便で免税品購入が可能に

Uber、ダナンでヘリコプター手配サービス

ラオスの国際空港、越企業が支援

ダナン空港国際線ターミナル来年着工

エアプサン、釜山−ダナン線就航

「操縦室に常時2人」ベトナムも

空港総公社、Q2にもIPO実施へ

「爆弾!」ベトナム航空機に遅れ

ダナン空港、年間利用500万人に

ベトナム航空、テト期に1200便増便

ロンタイン国際空港投資を閣議決定

豪発ベトナム航空便でテロ騒動

カンボジアのパイロット育成を支援

ジェットスター、3,500万ドル追加投資

空港開発、計画見直し求める声

ベトナム航空、乗客情報検査を強化

ベトナム航空、9月にIPO実施

機内ローミング、導入進まず

ノイバイ空港、拡張部分供用開始

ベトジェットがまた機内でビキニショー

越航空、自動チェックイン機運用開始

越ホテルが民間航空会社買収

ブンタウ空港、市街地から移転

空港にホットライン設置、クレーム受付

空港の喫煙所を順次廃止へ

ベトナム航空、ダナンに緊急着陸

ダナン増便、フーバイ空港一時閉鎖

ダナン-成田直行便、今年末再開へ

SGN滑走路修理、国内線に影響

空でも“自由”なベトナム人

機内で盗難、要注意は香港便?

航空運賃値上げ、改定は3〜4%

機内でビキニパフォ、VietJet Air罰金

ベトナム航空、ハノイ−成都便を就航

VietJet Air、自動チェックイン機導入

新たに5航空がベトナム路線を拡大

VietJetAir就航、来年ダナンにも

客室乗務員に痴漢、乗客に罰金

ソウル−ダナン線を就航、アシアナ航空

インドシナエアライン、ライセンス取り消し

VN航空、副機長が飛行暦虚偽?

英国便12月に就航、ベトナム航空

反体制の内容含むDVDで摘発

VN航空フエ便運休、滑走路補修で

エアメコン、米スカイウエストに株式売却

ベトナム航空、国内線20%値上げへ

ベトナム航空、ホーチミン-北京線就航

ダナン空港、滑走路閉鎖でトラブル

航空各社、キャンペーン展開続々

ベトナム航空が東京便を倍増へ

エアアジア、越で格安航空会社

VN航空、日本4路線就航へ協議

航空会社の事故隠しが明らかに

ベトナム航空、航空機16機を受領

空港地上職員の対応に疑問

空港職員が旅客の荷物から窃盗

空港タクシー、料金要求に不信感

客室乗務員、高収入も狭き門

外国航空会社が安値攻勢

ベトナム航空、料金システムを変更

ベトナム航空、オンライン決済を開始

国内線の燃油サーチャージを廃止

空港で「暮らす」外国人

静岡−フエ線、来年3月就航へ

荷物紛失、客が航空会社訴える

国際基準に程遠い出入国手続き

空港地上サービス、値上げ

テト期間、国内線を300便増便

タンソンニャット空港拡張へ

人気のないベトナムの免税店

パシフィック航空、内外路線拡大

国内線、10月から液体持込禁止

フエの空港が国際空港化

空港新ターミナル仮オープン

突然の欠航に受験生ら困惑

ベトナム航空、国内線増便

機内で乗客が麻薬吐き出す

国内線利用は20人に1人

ベトナム航空、福岡便など増便

格安航空、シンガポール線就航

チケット所有も搭乗できず

格安航空券、5万枚発売

ベトナム航空

荷物紛失頻発、ベトナム航空

国内線、値下げキャンペーン

記事一覧

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず ( 2018/02/08 )

フーコック島に世界最長の海上ロープウェイ ( 2018/02/06 )

U23サイン入りユニ・ボールをオークションに ( 2018/02/02 )

「越に学べ」中国紙がU23代表を称賛 ( 2018/01/30 )

「Japan Sports Showcase」が開催 ( 2018/01/26 )

ニントゥアン省で津波避難訓練、1,000人余り ( 2018/01/22 )

Mizuki Parkで『こいのぼり』イベント開催中 ( 2018/01/19 )

リーソン島でリゾート開発? ( 2018/01/17 )

「Hinode City」日本式高級マンションハノイで ( 2018/01/09 )

バイオリニスト川久保賜紀再びベトナムへ ( 2018/01/03 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved