ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/09/22 18時21分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 文化  > 妊婦は勇敢、足りない支援も

2010年08月10日

妊婦は勇敢、足りない支援も

 ほかの多くの外国人と同じように、ベトナムで暮らし、仕事をする私は、まもなく父親になる。

 ベトナムの妊娠、出産で興味深いのは、家族からサポートを受けられることだ。オーストラリアや諸外国では、全て自分でやらなければならない。子供を見ながら買物へ行き、食事の準備をし、家事をする。しかしベトナムで女性は、お手伝いさんを雇ったり、家族に任せたりできる。だからベトナムの女性は、子供の世話に多くの時間をとれる。

 そうではあっても、ベトナムの母親と赤ちゃんの世話に関しては、各国に劣る点も多い。ベトナムの人口は多く、出生率も高いが、母親と赤ちゃん用の専門店が足りない。商品も限られ、豊富でなく、品質もまだまだ。ベビー服を買いに行ったことがあるが、ピンクの洋服しか見つからなかった。男の子は何を着ればいいのだろう。

 赤ちゃんをサポートする用具も不足している、ベトナムでは、両親は赤ちゃんを手で抱えることに、慣れているようだ。もし手が空いていなければ、ただゆりかごにいれるだけ。ベビー用品はまだまだ普及していない。商品の生産地も問題だ。市場に出回るベビー用品を見てみると、見慣れないブランドばかり。インターネットで検索しても、どこのものだかはっきりしない。父親として子供のことが心配でたまらない。何を買うにせよ、私の第一の購入決定要因は、品質がいいことだ。各国では厳しい検査をクリアしているため、常に品質は確保されている。

 ベトナムの公共の乗り物も、妊婦にとって不便だ。高い段差がある所も多い。鉄道、バスなど公共輸送機関で、妊婦に席を譲るという意識を持つ人はまだ多くない。オーストラリアでは、妊婦は優先対象だ。公共輸送機関はこういった対象の人々にやさしく、昇降設備が設置され、傾斜はゆるやか、バスの入り口は低く設計されている。

 ベトナムの妊婦は、かなり勇敢だ。妊娠7?8カ月でもバイクに乗る。ある同僚なんて昨日までそこで仕事をしていて、今日出産したなんて話も聞いた。外国では通常、産後に8カ月ほどの産休があるが、ベトナムでは半分だ。

 病院でも適切なアドバイスができる専門の医者はまだいないのではないか。妊娠してから私の妻はある医者に診てもらっているが、その医者は私たちの名を覚えておらず、細かいアドバイスもない。

(オーストラリア人Brendan Green氏)

(Tuoi Tre)

このページを友人に知らせる

関連記事

歴史的アオザイ展示、HCMC南部女性博物館

58歳体外受精で出産、閉経3年

「家事は女の仕事」まだ色濃く

「民族語」使って風俗店から脱出

500万発見の女性、慈善活動に

労働者国外送出し、女性3分の1

女社長が外国人経営の会社襲う

アジア有力ビジネスウーマン、越は3名

女性工員、月収500万ドン以上2%

アジア女性経営者トップ50越は2人

希望を見出せない女性労働者

規定変更で売春婦「社会復帰」

ハス売り10年、ひらめきが生業に

妻がオトコと入浴、5000ドル恐喝

工員がトイレで出産、赤ちゃん死亡

上司と不倫、ビデオ撮影し告発

子供使って・同伴で、妻の夫管理

ベトナム企業約3割は女性経営者

モデルが胸を露出、罰金500万ドン

セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

ミスのセクシー写真集で文化省見解

ミスコン出場者、レストランで接待強要?

セックスは「義務」47%、中年女性

出生率は南低北高、ホーチミン最低

ホーチミン市、女性管理職増加へ

アジアで多い女性管理職、越23%

女性の日は大学生の稼ぎ時

騙され出産、ベトナム人女性を救出

取調映像流出、売春婦人権なし

女性の6割、家庭内暴力の被害

浮気に嫉妬、妻が自宅を燃やす

キャンギャル、月収数千万ドンも

ミスコン、想定外の質問に動揺

冗談に嫉妬、夫の性器を切落とす

新生児の母親2割は19歳以下

ベトナムの少女に多い性の誤解

中絶犠牲の命に祈り、多数参加

豪華なヴィラに「眠る」女性

妻と勘違い? 義妹と関係持つ

妻に「切られた」夫を愛人が救う

小さな少女と祖母の深い愛情

増える夫から妻への家庭内暴力

女性管理職が占める割合は28%

権力者との関係を自慢する人々

日本に嫁いだベトナムの王女

「ベトナムの微笑み」をビジネスに

自殺者、女性が7割と圧倒

慈善活動、続けて30年

スタイル維持のため喫煙する女性

悪魔の囁きに無防備すぎる少女

酒に溺れる女子大生たち

愛情を確認したがる越人女性

ミスコンは「急造」美人大会

料理教室がハノイの女性に人気

在日ベトナム人女性の境遇

見知らぬ女性のメールに要注意

山内あゆ、日本で活躍する越人

女子大生が日本語学校を運営

愛人つくって妻に「切られる」

夫をアゴで使うベトナム人女性

高学歴女性に未婚者が多い理由

寒村、一握りのコメで助け合い

綺麗なおしんに妻はやきもき

居酒屋で男を狩る女たち

女性に人気、トムボーイスタイル

毒性の葉を食べ女児自殺

女性2人が「イモ」で起業

在米ベトナム人老人の孤独

邦人女性写真家、ギネス認定

夫を支え続ける妻、愛の日記

妊婦の高い帝王切開率

「男性」切断に3年半の実刑

子供欲しさに「妊娠」買う

なります貴方の「飲み友達」

歌手が環境フォーラム大使に

はい、女性タクシーでございます

妻の嫉妬自慢コンテスト

ミスも顔負け、山岳部の美人村

OLが斬新なロウソクで副業

3度生き返ったおばあちゃん

韓国へ嫁いだ花嫁は2万人

美への欲求、その懐事情は

女心が支える高級化粧品

ベトナム人女性、ビジネスに才覚

3人娘が漫画喫茶をオープン

妻の怒り、不倫相手を丸坊主に

鉄格子の中の母親達

女が酒におぼれるとき

増える女性からのアプローチ

ビジネスウーマンの苦悩

カカア天下

記事一覧

独若手バリトン歌手がホーチミン市で21日に公演 ( 2018/04/10 )

ハッピードリームサーカス、4月1日まで公演 ( 2018/02/12 )

ジャズピアニスト山下洋輔さん、公演 ( 2018/01/15 )

ホーチミン市、2021年SEA Games開催計画 ( 2018/01/12 )

バイオリニスト松田理奈さんがニューイヤーコンサート ( 2017/12/25 )

民族楽器を数学・物理の側面で学習 ( 2017/12/16 )

来年3月にHCM市で「ブックフェア」 ( 2017/12/16 )

日本人主演「くるみ割り人形」、12月8?10日上演 ( 2017/12/07 )

世界No.3DJ、ホーチミン市で12月14日に公演 ( 2017/11/24 )

ミュージカル「Land me a tenor」初公演 ( 2017/11/17 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved