ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2017年10月22日 19時05分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 文化  > 「ベトナムが嫌」注目浴びるブログ

2009年03月13日

「ベトナムが嫌」注目浴びるブログ

 あるアメリカ人のブログがベトナムの若者の注目を集めている。そこには「ベトナムが大嫌いな理由」というテーマがある。以前ベトナムに暮らしていた外国人の辛辣な言葉に読者は怒りを感じるが、その人が非難していることは事実である。

 ブログでは自らの体験から、ベトナム人が嘘をつくこと、「外国人料金」があること、騒々しさ、交通、歩道の店、タクシー運転手、ベトナム人の大雑把さや想像で物事を判断しがちなところなど様々な点を嫌いと言っている。

 筆者は、他の多くの国と同様に広い心で理解しようとしたとしているが、裕福な国からやってきた異邦人の狭い視野の意見、悪意ある判断の数々がはっきり見て取れる。だが、名もない外国人だからという理由で、述べられていることを無視してはいけない。ブログの下に寄せられているコメントの多くに、ベトナムに対するマイナスの印象が多く寄せられているからだ。

 「ベトナムは穏やかで美しく、人々は優しくフレンドリーで客を喜んで迎え、食文化は世界一繊細」。ベトナム人の多くがこう考え、さらに多くの美辞麗句で自画自賛する。しかし心からそう信じ、好ましく感じているベトナム人は実はほとんどいない。

 車両は通りを逆走し、信じられない値段で買わされ、食品は不衛生で社会ではマナーの欠如した対応がなされる。決して少数ではなく、ベトナム人の社会性を形作るものである。ベトナム人が国内を旅行する時でもふっかけられ、自然を楽しんだり、リラックスすることもできない。混雑、詐欺、物乞いなどのおかげでずっとイライラ。

 名もない外国人がネットに載せている意見は、外から嫌いな点を話しているだけだ。自分に合わないことや、好きでないことを話しているだけで、これでその国の観光や国自体を評価することはできない。

 しかし外国人旅行者の95%がベトナムを再訪しないと回答している状況を分析、そして解決するのに、早すぎるにこしたことはないだろう。

(Doanh Nhan Sai Gon)

このページを友人に知らせる

関連記事

KKR、マサンに2.5億ドル追加

中国「越米関係の正常化を歓迎」

マクドナルド進出、2014年に1号店

元米大統領が訪問、慈善活動で

越米の学生、ここが違う

越米の元パイロットが再会

送金サービスに大きな潜在力

聖火リレー妨害、男を強制出国

主席訪米を海外メディアが評価

為替安定、進むドル離れ

米国、枯葉剤被害に予算

米議会、最恵国待遇法案可決

クリントン前米大統領、来越へ

米大統領来越、警備は簡素化

米大統領来越、関係強化に

記事一覧

「INVEST DA NANG 2017 FORUM」開催 ( 2017/10/04 )

ホーチミン市国際マラソンを初開催 ( 2017/10/02 )

ハノイに「怒りの部屋」、ストレス発散の場 ( 2017/09/27 )

第5回ジャパン・ベトナム・フェスティバル開催 ( 2017/09/19 )

5大陸フードフェス、10月ホーチミン市で ( 2017/09/18 )

初のヌード写真展開催、18日まで ( 2017/09/16 )

ニンビンで国際舞踊フェスティバル16〜22日 ( 2017/09/15 )

ピアニストJason Bae、9月28日に公演 ( 2017/09/12 )

ハノイオペラハウス、見学ツアー開始 ( 2017/09/09 )

子供向けロボットプログラミング教室を開催 ( 2017/09/06 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved