ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2019/07/16 15時48分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 文化  > 子供を私学へ通わせる理由

2008年05月28日

子供を私学へ通わせる理由

 ホーチミン市ビンタイン区に住む同僚Cさんの息子は、2005年に公立小学校に入学した。担任教師は午前と午後の授業の後、さらに17時半?20時半の間、彼女の自宅で行う補習に参加するよう案内していた。

 Cさんは学校を終えた息子を迎えに行き、夕飯を食べさせて教師の家へ送っていく。その後職場に戻って仕事を片付け、息子と共に帰宅するのは22時を過ぎたころになる。

 2学期は補習への参加をやめ自宅で家庭教師を雇うことにした。担任教師は「かまいません」と言ったが、成績表には0点をつけ、連絡帳には「思考能力が欠如している」、「知識が不足している」と記した。子供が、先生が怖いから休みたいと泣きながら訴えたこともあったという。

 朝7時10分、Cさんが学校へ送っていくと、守衛に「こんな時間まで寝ていたのか」と罵られ、午後迎えに行くと、補助教員に「何もしていないのにこの子を叩いてケガさせたんですよ」と言われた。それから彼女に月5万ドン(約3ドル)の謝礼を払うようになった。

 黒板からわずか2mのところに座らされていた子供はドライアイになってしまった。Cさんが先生に事情を話すと、今度は一番後ろの席に移動させられた。仕方なく教師の自宅での補習に申し込むと「強制ではありませんよ」と言いながらも席は真ん中あたりになり、そして成績も上がった。

 2年生に進学するとき、Cさんはインターナショナルスクールへ転校させることを決めた。登校すると守衛が親のバイクから子供を下ろしてくれ、門のところで先生達が挨拶をして迎えてくれる。

 ある日、息子が学校でてんかんを起こしてしまったことがあった。学校側はすぐに第2児童病院に運び、Cさんが駆けつけたときには2人の教師と守衛がベッドの脇についてくれ、彼に心配ないと声をかけてくれた。

 その日の夜、自宅に帰るとクラスメートから具合を尋ねる電話がひっきりなしにかかってきて、次の日にはお見舞いの品まで持ってきてくれる子もいた。学校では英語を勉強したり非常に有意義に過ごしている。夜勉強するためにスクールバッグを持ち帰る必要もないという。

 先生はその子に肥満の恐れがあるので野菜を多く採り、糖分や脂肪分を控え、運動を良くするよう指導しており、そのおかげで今も肥満の心配はないという。

 インターナショナルスクールの学費は月170万ドン(約106ドル)。公立校では、昼食や施設費など毎月68万ドン(約43ドル)を学校に納めた他、担任教師や専門科目の担当教師、補助教員へ支援金を渡したり、補習授業費を払ったりして非公式な支出を含め毎月計155万ドン(約97ドル)になっていた。

 それ以外にも保護者会費や教師の日、テトなどの贈物への支出もある。いずれも教師や守衛の間で習慣になっているものだ。

(Phu Nu)

このページを友人に知らせる

関連記事

民族楽器を数学・物理の側面で学習

簡単な科学の世界に輝く子供たち

子供向けロボットプログラミング教室を開催

工員の子供向け国際水準幼稚園

7割実習、米大ホテル人材育成

モンテッソーリ国際幼稚園落成

工業団地内で「大学進学」

ハノイ工科大の就職率91%

三菱電機が大学に自動化設備

ソニーのサイエンスプログラムが開催

越FPT大学、就職率は98%

越人の英語能力72カ国中31位

ラクホン大、人型ロボット「NAO」導入

越人留学生、最多は日本4万弱

サムスン、HCMの大学で人材育成

乳業TH、ハノイにインター開校

英語で学ぶ数学、小学生向け

ベトナム人の6割が留学を希望

フルブライト大学がHCM市に設立

越フンイエン省に東京健康科学大学

越で学ぶ外国人、23大学1,100人

リスーピアベトナム、5年で25万人来館

ボッシュ、ダナン工科大学と提携

OECDの教育ランキング、ベトナム12位

HCM市外国人教師、最多は英

ヤマハ、大学生にバイクの奨学金

越FPT大に全国最年少35歳学長

越大学、耐震設計コンテストで優勝

ベトナム、子供の約40%が体罰

ロボコン、ベトナムチームが優勝

越の保護者、外国語教育を重視

成績「普通」に安心、越の教育

FPT大学、ミャンマーで大学設立

ベトナム初の水上学校が落成

東大・HCM国家大、IC開発協力

中学校で「トイレ難民」、おもらしも

味の素支援の栄養学部が開設

ベトナム人が持つべき「本当の力」

装甲車で受験支援、北部で珍事

越初の電子教科書、普及に問題

大学より厳しい?「お受験」事情

新1年生“倍増”、学校「教室ない」

不動産Vingroup、教育事業進出

高校から経営学ぶ、アイデア育む

外国人ボランティアが水泳教室

新学年度開始、教育改革進める

実用化僅か、無意味な科学研究

入試のために300kmを自転車で

残った指何本?驚きの算数問題

教師も知らぬ振り、広がるコピペ

就学前学習増加、禁止効果なし

仕送り年20億ドル、半分は学業に

水10ℓ持参、井戸のない幼稚園

孤児院暮らしのバーテンダーが卒業

ホーチミン市、小学3年から英語義務

生徒は物売り、公園の「先生」

神戸牛のフォーに負ける教員給料

ロンアン省で越日専門学校が開校

留学生、学業よりアルバイトに専念

学習目的は試験、カンニング日常化

トレーラーの移動教室、越人が発想

裏口入学の費用は2,000ドル

無給で得る経験、学生が関心

ホーチミン、工業団地で幼稚園整備

大家も呆れる若者の怠けぶり

大学生、人気学部に偏る傾向

質劣るインター、公立校へ転校増加

勉強の圧力、子供の自殺が増加

学用品も高級化、ブランド品ずらり

夏はバイト、手にするお金と知識

家の王様、子供にひれ伏す両親

高校生が自殺、受験うまくいかず

成績「良」でも話せない外国語

幼稚園申込に徹夜、警察出動も

卒業試験、終了後にカンペの山

試験追込み、課外は深夜まで

中学校での日本語学習が増加

博士不在で養成、中止を要求

母国語に弱い、インター通いの弊害

大学志願、経済分野に偏重

頭脳の流出、止めた隣国に倣え

卒業証書、記載した英語に誤り

大学で日本語学習室が落成

大学生、卒論書き写しは約16%

越語は苦手、インター通いの弊害

外国系学校、教員や施設に問題

ベトナム人学生、少ない自信と質問

遅れをとるベトナムの大学教育

新型インフルによる一斉休校で混乱

休みはなし、勉強漬けの小学生

貧しい児童に牛贈って学習支援

外国人の視点――恐怖の沈黙

スパにナノテク、新学科が続々開設

学んでも実にならない大学教育

学生を世界に、越人教授の30年

留学生、帰ればただの管理職

問題山積みのインターナショナルスクール

7歳の翻訳家、上達の秘訣は…

ベトナム初の点字教科書が完成

ベトナムの若者に進む活字離れ

大学生のかばんの中身は…?

勉強の動機は良い職に就くため

高校への不正入学が発覚

まるで劇、無意味な公開授業

ストリートチルドレンの戸籍登録が実現

児童労働、給料は年100ドル超

礼儀正しさに心奪われた外国人

夜も土日も、勉強に忙しい小学生

自信か傲慢か、難しい線引き

マンガ・文学、広がる性描写

子供の諭し方を学ぶ、親に人気

社会における存在感求める学生

ベトナム人が韓国で特許取得

夏休みを利用し校長が盗み働く

我が子の入学登録は真夜中から

新学期を前に「逃げる」校長

双子の姉妹が身代わり受験

過去最多、外国人が大学受験

韓国化するベトナム国立図書館

子供が心配、いつの時代も不変

寺で学ぶ日本語と慈善の心

学校に行けない子供たち

増える大学新設、質は低いまま

通学のために山を降りた村

子供にコンドームを渡すべきか

子供達に蔓延するアブナイ現象

メコンデルタで高い退学率

若いオーナーの新世代学生寮

ベトナムの大学、低い国際レベル

金で合格を買う大学の実態

体育教師、硫酸かけると脅す

生徒の7割、授業に辛さ感じる

インターナショナル校は30校

ベトナムの子、娯楽はテレビ

ミス養成講座開講

プロの家政婦育てます

数学オリンピック、金メダル3

現職教員12人、読み書きできず

15歳未満の公演を制限

大学受験シーズン到来

教育改革元年、いまだ残る不安

数学オリンピック開催

学生時代に磨くビジネスセンス

高校卒業試験の舞台裏

ロボコン国内決勝ラウンド開幕

夏休み減・テト休み増へ

電動車椅子製作物語

外国人料金に苦しむ留学生

生存の100名超を死亡扱い

中学教師「ヌード写真」で恐喝

不正拒否で学校が嫌がらせ

読書はマンガ、進む活字離れ

放送大学、3月に開校

大学院、産学協同を奨励

外国留学、ブーム到来

横暴教師、生徒を豚呼ばわり

記事一覧

独若手バリトン歌手がホーチミン市で21日に公演 ( 2018/04/10 )

ハッピードリームサーカス、4月1日まで公演 ( 2018/02/12 )

ジャズピアニスト山下洋輔さん、公演 ( 2018/01/15 )

ホーチミン市、2021年SEA Games開催計画 ( 2018/01/12 )

バイオリニスト松田理奈さんがニューイヤーコンサート ( 2017/12/25 )

民族楽器を数学・物理の側面で学習 ( 2017/12/16 )

来年3月にHCM市で「ブックフェア」 ( 2017/12/16 )

日本人主演「くるみ割り人形」、12月8?10日上演 ( 2017/12/07 )

世界No.3DJ、ホーチミン市で12月14日に公演 ( 2017/11/24 )

ミュージカル「Land me a tenor」初公演 ( 2017/11/17 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved