ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/06/21 07時47分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 文化  > 居酒屋で男を狩る女たち

2008年05月16日

居酒屋で男を狩る女たち

 サンニャウ(サンは「狩り」、ニャウは「(酒を)飲む」の意)――この言葉は、ビンフォック省ドンソアイ町の一部の若者によく知られているものだ。

 ドンソアイに来ると、ここで働く知人が「飲みに行こう。『狩り』がなんだか教えてやるよ」と誘ってくれた。あまり酒は飲まないのだが、好奇心にかきたてられ、身なりを遊び人風に変えてみた。


 フンヴオン通りにあるタニシ料理屋に入り、わざと目立つような位置を選んだ。23時頃になると客が減りだし、店に来る客は様変わり。若者が目に付きはじめ、騒々しくなった。友人は「もうすぐだな。女の子達が俺達をホーチミン市から遊びに来た人だと思うように、話し方や飲み方に気をつけろよ」と促した。

 10分後、ボーイが私達の所に来て「隅の丸いテーブルの青い服の女性が、電話番号を知りたいそうですが、どうします?」と話しかけてきた。私が番号をボーイに渡すと、友人は私を引っ張って店から出て、こう言った。「明日おもしろいことがあるよ」。
 

 「狩り」グループの実体は、酒好きで、遊んでいる女性たちだ。飲み屋をぶらぶらまわり、金持ちの家の、若くておもしろい遊びなれた男達を捕まえる。電話番号を教えてもらうと、一番綺麗で口のうまいリーダーが連絡を取り、遊びに誘う。
 

 その夜、私はこんなメールをもらった。「とってもハンサムで気前がいいのね。明日の夜、一緒に飲みに行かない? 美味しいお店を知ってるの!」夜を待たず、翌朝彼女は電話をかけてきた。甘い声で「昨日の青い服の者だけど、今Bazanカフェにいるの。ちょっとお話しましょ」。
 

 カフェには彼女の友人もいた。以前からの知り合いであるかのように、笑顔であいさつし、「友達のホア。ここでちょっとおしゃべりしましょ」と言い、コーヒーが来ないうちに、彼女は話し出した。「私はハイン。働きながら勉強してる。韓国の会社で働いていて、上司に韓国語を勉強させられてるの」。彼女は省の幹部の娘と言い、「家は裕福な方だけど、誰と遊んでもツマンナイ。毎晩、友達と寂しさを紛らわすために遊んでる」。

 私も日々の生活に飽き飽きしているように、だらだらと愚痴を言った。「サイゴンももう飽きたよ。だから時々こっちに気晴らしに来るんだ」。2時間近く話をして、私達は夜また会う約束をして別れた。

 口紅をひきばっちりと化粧し、挑発するような服装で時間通りにホテルまで迎えに来た彼女は、バイクの後ろに乗って、恋人かのように私にぎゅっと抱きついてきた。「行こっ、友達が待ってるの」。

 テーブルには他に3人の着飾った女性がおり、「私の彼女」が仕切り役。飲み会にはルールがあり、名前を知りたい子がいれば、お酒を1杯ご馳走しなければならない。

 彼女達は、のどが渇いたラクダのようにグラスを空ける。自己紹介だけで目まいがするほどだったが、友人に助けられた。酒が入り、女性は横でじゃれついてくるようになった。

 750mlのボトルを3本も空け、私は穏やかでなくなり、退散しようとお会計した。女の子達はカラオケに行こうとせがみ、慣れている友人は私に「遊ぶぞ! もう少しでハイだ!」とメッセージを送ってきた。

 女の子達が選んだカラオケ店は、小道の深く入ったところにあった。ここで4人の女の子は、引き続き飲んで歌った。私は元々、リーダーの青い服の女性の客なので、誰もちょっかいを出してこない。私の友人の周りには、3人の女の子が群がっている。「一気!」と言ってグラスを持つ女の子達。

 ちらっと時計を見ると深夜1時近く。サイゴンビール2ケースは全て空いていた。私は部屋のブレーカーを落とし、大声で言った。「終了! 次行くぞ」。みんなが拍手をして同意する。カラオケ店から出ると、4人のうち2人が酔っ払ってしまったので、タクシーをつかまえて帰した。

 すると私の彼女が囁いてきた。「帰って休もう。疲れちゃった」。遠慮も何もない言葉に目まいがし「どこに帰るの?」と聞き返した。「他にどこがあるの? どこに行っても2人きりよ」。

 身震いがし、酔っ払っているという理由をつけ、次の日また会う約束をして帰った。ホテルに着き、すぐに電話のシムカードを取り外し、次の日の朝早くにホテルも替えた。
 

 ドンソアイのこのようなグループの女性にとって、思う存分食べて飲んだ後、支払ってくれたお礼に一夜を共にするのは普通のことらしい。「私の彼女」のように、勉強もしていて安定した仕事もある女性でも、酒に溺れて男遊びをしている。

(Cong An)

このページを友人に知らせる

関連記事

歴史的アオザイ展示、HCMC南部女性博物館

58歳体外受精で出産、閉経3年

「家事は女の仕事」まだ色濃く

「民族語」使って風俗店から脱出

500万発見の女性、慈善活動に

労働者国外送出し、女性3分の1

女社長が外国人経営の会社襲う

アジア有力ビジネスウーマン、越は3名

女性工員、月収500万ドン以上2%

アジア女性経営者トップ50越は2人

希望を見出せない女性労働者

規定変更で売春婦「社会復帰」

ハス売り10年、ひらめきが生業に

妻がオトコと入浴、5000ドル恐喝

工員がトイレで出産、赤ちゃん死亡

上司と不倫、ビデオ撮影し告発

子供使って・同伴で、妻の夫管理

ベトナム企業約3割は女性経営者

モデルが胸を露出、罰金500万ドン

セクハラ訴訟、証拠なければ反訴も

ミスのセクシー写真集で文化省見解

ミスコン出場者、レストランで接待強要?

セックスは「義務」47%、中年女性

出生率は南低北高、ホーチミン最低

ホーチミン市、女性管理職増加へ

アジアで多い女性管理職、越23%

女性の日は大学生の稼ぎ時

騙され出産、ベトナム人女性を救出

取調映像流出、売春婦人権なし

女性の6割、家庭内暴力の被害

浮気に嫉妬、妻が自宅を燃やす

キャンギャル、月収数千万ドンも

ミスコン、想定外の質問に動揺

妊婦は勇敢、足りない支援も

冗談に嫉妬、夫の性器を切落とす

新生児の母親2割は19歳以下

ベトナムの少女に多い性の誤解

中絶犠牲の命に祈り、多数参加

豪華なヴィラに「眠る」女性

妻と勘違い? 義妹と関係持つ

妻に「切られた」夫を愛人が救う

小さな少女と祖母の深い愛情

増える夫から妻への家庭内暴力

女性管理職が占める割合は28%

権力者との関係を自慢する人々

日本に嫁いだベトナムの王女

「ベトナムの微笑み」をビジネスに

自殺者、女性が7割と圧倒

慈善活動、続けて30年

スタイル維持のため喫煙する女性

悪魔の囁きに無防備すぎる少女

酒に溺れる女子大生たち

愛情を確認したがる越人女性

ミスコンは「急造」美人大会

料理教室がハノイの女性に人気

在日ベトナム人女性の境遇

見知らぬ女性のメールに要注意

山内あゆ、日本で活躍する越人

女子大生が日本語学校を運営

愛人つくって妻に「切られる」

夫をアゴで使うベトナム人女性

高学歴女性に未婚者が多い理由

寒村、一握りのコメで助け合い

綺麗なおしんに妻はやきもき

女性に人気、トムボーイスタイル

毒性の葉を食べ女児自殺

女性2人が「イモ」で起業

在米ベトナム人老人の孤独

邦人女性写真家、ギネス認定

夫を支え続ける妻、愛の日記

妊婦の高い帝王切開率

「男性」切断に3年半の実刑

子供欲しさに「妊娠」買う

なります貴方の「飲み友達」

歌手が環境フォーラム大使に

はい、女性タクシーでございます

妻の嫉妬自慢コンテスト

ミスも顔負け、山岳部の美人村

OLが斬新なロウソクで副業

3度生き返ったおばあちゃん

韓国へ嫁いだ花嫁は2万人

美への欲求、その懐事情は

女心が支える高級化粧品

ベトナム人女性、ビジネスに才覚

3人娘が漫画喫茶をオープン

妻の怒り、不倫相手を丸坊主に

鉄格子の中の母親達

女が酒におぼれるとき

増える女性からのアプローチ

ビジネスウーマンの苦悩

カカア天下

記事一覧

独若手バリトン歌手がホーチミン市で21日に公演 ( 2018/04/10 )

ハッピードリームサーカス、4月1日まで公演 ( 2018/02/12 )

ジャズピアニスト山下洋輔さん、公演 ( 2018/01/15 )

ホーチミン市、2021年SEA Games開催計画 ( 2018/01/12 )

バイオリニスト松田理奈さんがニューイヤーコンサート ( 2017/12/25 )

民族楽器を数学・物理の側面で学習 ( 2017/12/16 )

来年3月にHCM市で「ブックフェア」 ( 2017/12/16 )

日本人主演「くるみ割り人形」、12月8?10日上演 ( 2017/12/07 )

世界No.3DJ、ホーチミン市で12月14日に公演 ( 2017/11/24 )

ミュージカル「Land me a tenor」初公演 ( 2017/11/17 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved