ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018/10/17 13時04分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 政治  > 付加価値高い品目、輸出伸びる

2009年08月03日

付加価値高い品目、輸出伸びる

 世界経済の後退により年初7カ月の輸出が減る一方で、品不足になる製品も多い。独自性などから付加価値が高いものだ。

 2009年8月、Green Biofuels社がチャー魚(キャットフィッシュ)の油脂から生産したコンテナ8本分のバイオディーゼルがシンガポールに到着する。長期的に月20万リットルを輸出するプログラムに沿ったものだ。

 買い手からは増産の申し出があるが、同社はまだ合意していない。日本企業とも2度交渉しており、バイオディーゼル油のサンプルにも同意しているが、問題は輸出の時期だ。自然由来のもので、衛生的かつ安全な製品というのが輸出企業が目指すべき方向性である。そうでなければいくら良いものでも販売先はない。日本や欧米だけでなく、中国や台湾など各国が技術障壁を設定するようになっており、カーマウ省の自然エビなど安全で環境にやさしい製品は品不足になるほどだ。

 チャー魚の切り身が売れないなかで、アンザン省チャウドックの特産チャー魚の干物は安定的な輸出量を維持し、生産が追いついていない。この干物はマム(魚の塩漬け)、ヤシ砂糖とともにチャウドックの三大特産品と呼ばれるものだが、誰でも作れるというわけではない。チュオンハイでは、今も昔ながらの製法で干物を作っている。業者を介してアメリカやフランスへ輸出するほか、自社でも毎月コンテナ1本(20トン)を中国へ出している。

 ヴィンロン省生まれのセメントと砂と石でできた観葉植物用の鉢も、海外への販路を見つけた。ビンミン県トゥアンアン村のタインヒエップ鉢生産業者で作られる製品はアメリカに輸出されている。50人の職人が毎月数千個を生産し、製品の40%を輸出している。鉢はデザインや種類の豊富さで目を惹くものではないが、オーナーで盆栽師のグエン・タイン・ヒエップさんは、盆栽の印象に最適の鉢を合わせることでその価値を大きく変える。

 陶器メーカー・ミンロン1は、世界で初めて手作業で絵付けしたものを1,250℃の高温で焼き上げることに成功した。リー・ゴック・ミン社長は、製品に独自性を出すため、ヨーロッパから中国の有名な工芸村まで世界各地を回り、技術を学んだり、職人を招いたりした。外国から学び、ベトナム陶器の良さを出し、原料や炉の研究を重ねることに長年を費やし、現在の品質にたどり着いたという。

(Sai Gon Tiep Thi)

このページを友人に知らせる

関連記事

ニッパヤシから作るチョコの包み紙

タイ家電の輸入が伸び

越製“踊るロボット”、国内外で発売

日本でベトナム高品質製品展開催

改善進む越製品、外国人も評価

安いカーボンナノチューブ製造に成功

国産技術開発、実用化に期待

ベトナム高品質製品に高い信頼

ベトナム製高品質製品

記事一覧

バイク禁止、ハノイ市民9割賛成 ( 2017/06/30 )

オンボロバイク 回収提案 ( 2017/06/27 )

行政手続きに「Zalo」を活用 ( 2017/05/11 )

フック首相が訪米、今月末に ( 2017/05/05 )

政府、国民の声をネットで受付 ( 2017/04/10 )

原発中止、ベトナム国会で可決 ( 2016/11/23 )

ベトナム首相が10日から訪中 ( 2016/09/06 )

越政府新任期、農業相のみ交代 ( 2016/07/30 )

中国「越米関係の正常化を歓迎」 ( 2016/05/24 )

新国家主席・首相選出は今国会 ( 2016/03/21 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved