ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018年02月21日 14時05分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > 独BASF、ティエンザン省に農業研究施設を開設

2018年01月18日

独BASF、ティエンザン省に農業研究施設を開設

BASF112日、ティエンザン省カイライ県に農業研究施設を開設した。

 

敷地面積2ha、稲作・青果物実験区、果樹園を含むBASFによるメコンデルタ初の研究施設。

 

 生産性向上、作物の品質向上、食品安全への取組み、環境保護、持続的な利益増のために農家に技術やアドバイスを実施する機能が備わっている。

 

施設内の各実験施設は世界のBASF研究所をサポートする役目も果たす。

 

BASFは殺菌剤、殺虫剤、種子処理など農業分野の様々な製品で事業を行っている。

(Thanh Nien)

このページを友人に知らせる

関連記事

クアンチ省で工業団地・都市開発

シネコンのCGV、追加投資

香港TAL、越北部に縫製工場

ボッシュ、越工場に追加投資

KYMCO、越南部にバイク工場

中国企業、越中部に小麦粉工場

イスラエル企業、越中部で織物工場

韓国ヒョースン、生産拡大に6億ドル

露企業、越北中部で火発建設

独ノイマン、越南部でコーヒー第2工場

豪ウールメーカー、越で流通業者探し

オンライン投資申請、来年から開始

外資から技術移転、越企業11%

豪企業、ボーキサイト事業計画中止

ボッシュ、越2カ所目のR&Dセンター

越有望投資分野に小売・食品等

任意の外資再登録、手続き15日

エクソンモービル、ガス発電所を建設へ

欧州企業4割、対越投資増やす

泰ロイヤルフーズ、魚缶詰工場に着工

サムスン、越のインフラ開発に参入へ

越シフト、タイも繊維・履物・宝飾で

LG、ハイテクコンプレックスに15億ドル

欧州企業、域内他国へ事業シフトも

ゲアン投資促進サイト、日本語版も

再登録条項改正、閉鎖危機回避

外資「再登録条項」が実質廃止

ベトナム“外資”裾野産業の現実

外資企業の再登録、規定撤廃へ

ラオス投資、最大はベトナム

外資の2011年輸出トップはサムスン

有望投資分野、教育・医療・農業

外国人労働者の管理を強化へ

教育分野トップ、外国投資の魅力

最大プロジェクト、進度や資金に難

ベトナム、魅力は中国・タイ以上

外国投資誘致、100億ドル超え

ダナン市、高層ツインタワー建設

アジア企業、ベトナムに熱視線

外国直接投資(FDI)

記事一覧

外国の有名ブロガー呼んで観光PR、ダナン市 ( 2018/02/09 )

1月の空港利用者780万人 ( 2018/02/07 )

ホーチミン市外来診療患者は4,200万人 ( 2018/02/05 )

クアンチ省で工業団地・都市開発 ( 2018/02/03 )

外食傾向が強まるベトナム家庭 ( 2018/02/01 )

1月の外国人訪越客43万人、前月比12%増 ( 2018/01/31 )

アグリバンク、ドル口座不要の海外送金 ( 2018/01/29 )

日用消費財、国内ブランドが70%超  ( 2018/01/25 )

ベトナム鉄道、2021年までに新車両に変更 ( 2018/01/24 )

2020年のエビ目標輸出額55億ドル ( 2018/01/23 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved