ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2017年12月12日 06時01分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > サムスン、東南アジア最大の体験センターをオープン

2017年12月02日

サムスン、東南アジア最大の体験センターをオープン

Samsungは、ソリューション体験センター(Executive Briefing CenterEBC)と、研究・開発センターをホーチミン市9区ハイテクパーク内のSamsung工場(SEHC)に開設した。

 

東南アジア最大のEBCセンターとなる。

 

総面積500m2以上、11のエリアに、ディスプレイソリューション、交通輸送、電子エンターテインメント施設、ファッション、スマートホテル・レストラン、スマートビジネス、スマート教育、スマート工場、スマートハウス、システムエアコン、訓練室などの最新の設備を備え、ハイテクデジタル製品を政府機関、ビジネスパートナー、メディアに展示・紹介する場所ともなる。

 

研究開発センターには、モールドセンター、オートメーション、ファシリティ、QAテストラボ、回路、ソフトウェア、モデリング、3Dスキャンなどの研究室があり、生産エリアに隣接され、品質と技術に関わる問題に直ちに対応し、最大限のサポートをする

 

 

(Doanh Nhan Sai Gon)

このページを友人に知らせる

関連記事

「ホーチミン市スマートシティ化計画」正式承認

ホーチミン市に「屋台通り」がお目見え

コンダオ島でリゾート開発希望

ホーチミン市、廃水処理場3カ所集約

ハノイ、2020年までに都市鉄道展開

タンソンニャット空港前 陸橋開通

ホーチミン市、給水塔を取り壊し

ビンズオンスマート都市化、蘭が協力

サイゴン川沿いに商業施設開発へ

ニャチャンで40階建以上認めず

ホーチミン市10通りで照明設計コンペ

越都市化25年50%、5,200万人

ヴィングループ、HCM市2区でメガモール

統一会堂前の一等地6月競売へ

埋立地の都市区で投資呼びかけ

HCM市2区建設計画、最高86階

「未来」の副都心、企業は関心薄

宅地整備、母娘ハダカで抗議

ベトナム最高層の展望台オープン

都市化進む、都市在住者は3割

日本式住宅、ホーチミン市で展開

旧市街移転計画、住民ためらい

ハノイで過去最高の立退き補償

発展の狂乱の渦に消える街並

アジア第2位の高層ビル、来年着工

高層マンション火災、防災に不備

ハノイ、古いヴィラの取壊し即中止

ベトナムの都市計画に可能性大

ホーチミン市、進まぬ洪水対策

ダナン市、「存在しない」家々

カントー橋「未来」への架け橋

ベンタン市場近くに超高層ビル

記事一覧

サムスン、東南アジア最大の体験センターをオープン ( 2017/12/02 )

ホイアンでのホームスティ、実施者は地元人のみ ( 2017/11/30 )

「ホーチミン市スマートシティ化計画」正式承認 ( 2017/11/29 )

ハノイ、外国人旅行者前年比23%の見通し ( 2017/11/27 )

レジ無し無人コンビニ『トロマート』誕生 ( 2017/11/25 )

WiFiルーターレンタル、日本用17万8,000ドン ( 2017/11/22 )

フエに日越医科大、日本式老人ケア施設も ( 2017/11/20 )

ベトナム国内で「親エビ」生産 ( 2017/11/16 )

ベトナム産冬虫夏草をアジア諸国に輸出 ( 2017/11/11 )

障害者が利用しやすい低床バス導入 ( 2017/11/09 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved