ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2017年11月25日 03時10分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > APEC、国立会議センター詳報

2006年11月13日

APEC、国立会議センター詳報

 2004年11月15日に着工した国立会議センターは、2年をかけて建設、APEC(アジア太平洋経済協力会議)を迎える準備がほぼ整った。

 同センター大会議室は現時点で、東南アジア地域最大規模。3,747席、天井の高さは最高部で30m、容積はハノイ大劇場の9〜10倍になる。

 400m2のステージは用途次第で大きさ、形状、高さが変更可能。大会議室はスイッチで高さ15〜17m・幅60〜70mの壁により2分割できる。大会議室の座席は輸入品で、1席あたり800万ドン(約500ドル)。会議室の座席だけで300億ドン(約187万5,000ドル)近くを投じている。センター全体では1万2,000個の各種電灯を使用、総出力は1万4,000KWhになる。

 2,400m2のパーティールームは柱がなく、最大1,200人(通常は800人)収容できる。ステージにはベトナム文化を象徴する奎文閣(文廟)の写真、部屋の両脇には、一つは赤、一つは黄を基調にハロン湾の風景を描いた120m2の漆絵が飾られている。

 首脳会談用に、2階・3階にそれぞれ300〜400m2の特別会議室が用意、部屋からは人造湖も見え、一つが直径10mの円卓、もう一つは小テーブルが設置されている。各種設備はいずれも輸入品。

 電源には太陽熱や地熱も利用される。地熱技術はドイツから導入、地下水をくみ上げる際の熱を電源に変える。地熱電源は冬季の暖房用に使用予定。

<国立会議センター>
■全体:総面積60ha(このうち8.1haが人造湖)。
■施設:高さ53m(17階建てビル相当)、延べ床面積6万m2、大会議室1室(3,747席)、特別会議室2室、中小会議室20室(60室まで分割可)、パーティールーム1室(1,200人収容)、400台収容の地下駐車場。
■建設総工費:4兆2,800億ドン(約2億6,750万ドル)。

(Tien Phong)

このページを友人に知らせる

関連記事

「APEC のスタッフ」は3,000ドルの価値

APEC首脳会議、閉幕

APEC、世界最大の旗が登場

APEC対策に人権批判

安倍首相、対越関係強化に意欲

APEC昼餐会、伝統で魅了

米大統領宿泊、ホテル巨額収入

巨大菅笠、APEC歓迎で展示

APEC実務者会合、開幕

記事一覧

フエに日越医科大、日本式老人ケア施設も ( 2017/11/20 )

ベトナム国内で「親エビ」生産 ( 2017/11/16 )

ベトナム産冬虫夏草をアジア諸国に輸出 ( 2017/11/11 )

障害者が利用しやすい低床バス導入 ( 2017/11/09 )

外国人の住宅購入、2年で15人 ( 2017/11/02 )

メトロ1号線、レールの設置作業が始まる ( 2017/10/26 )

サベコ、ラムドン省にビール工場建設 ( 2017/10/21 )

パナソニック、中部にソーラーランタン1,200台寄贈 ( 2017/10/20 )

MEMS実用化セミナー、11月9日HCM市 ( 2017/10/19 )

ニッパヤシから作るチョコの包み紙 ( 2017/10/18 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved