ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2017年06月26日 01時57分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > 消費者は品質とブランド重視

2009年11月28日

消費者は品質とブランド重視

 市場調査会社Mancom社が、家庭用品、食品・飲料、ファッション・美容の3分野について11月10日までの統計データを分析した結果、消費者がより賢明になっていることが明らかになった。

 消費者7万人以上を対象にしたところ、上記3分野の商品を選ぶ際には品質、価格、デザイン、ブランドが重要な要素となっている。なかでも最も重視されているのが品質で42%、次がブランドの25%、それに価格の20%、デザインの13%が続く。品質と価格の比率が大きく離れていることから、消費者が品質の高い商品への支出にためらいがないことがわかる。

 各分野でも、品質とブランドが最も重要なものであると言える。これらはそれぞれ食品・飲料で44%と24%、家庭用品で42%と24%となっている。一方ファッション・美容では価格は12%と品質の40%、ブランドの28%に大きく離されている。

 家庭用品では主に多国籍企業の商品が選ばれているが、食品・飲料ではベトナム製品が選ばれている。ファッション・美容では、馴染みのあるブランドがトップ10入りしている。市場成長段階において広告費用は限られているなか、これらの分野のブランドは国際的な名声や品質、適切な物流網、口コミで消費者を攻略している。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam)

このページを友人に知らせる

関連記事

国際女性デー、人気はラベンダー

33都市の幸福指数、ハノイ4位

越の若者は高級品購入に慎重

米国で好まれるコーヒー、越が6位

FMCG、食品は越メーカー優勢

「今大きな買物できず」消費調査

喫茶店でコーヒー、HCM市9割超

消費者8割がプロモーション商品購入

消費者信頼感調査、7割が貯蓄

購入多いFMCG製品、1位ビナミルク

FMCGの利用進む、成長率15.6%

消費者9割が節約、ニールセン調査

「理想的な仕事」越は地域最下位

将来就きたい職業「夢は医者」

広告は信用、苦情はサービス中心

子供服購入調査、支出多いハノイ

携帯所有1人5件、電話・ネット調査

エアコン、購買力は過去最高の伸び

消費者、新商品への支出抑えず

今後経済はさらに強く、楽観8割

消費文化、貧しくても贅沢好き

消費者の62%がニセモノ購入

ミルク消費量は年6リットル

ビール消費量は東南アジア2位

消費トレンド、新商品は南部から

消費者の節約重視、鮮明に

ファッションへの支出、若者が牽引

ベトナム最新金持ち事情

スーパーを利用する男性増加

月間支出は73万ドン

消費割合、東南アジア最高

生活費、地域2番目の安さ

消費者信頼感指数、世界5位

支出は電気製品・衣服

男性の「お買物」は3%のみ

ベトナム消費者実態調査 7

ベトナム消費者実態調査 5

ベトナム消費者実態調査 4

ベトナム消費者実態調査 3

記事一覧

KienLongB、UPCoM承認 ( 2017/06/17 )

モンテッソーリ国際幼稚園落成 ( 2017/06/13 )

抹茶入り缶コーヒーを発売 ( 2017/06/09 )

セブンイレブン、ベトナム1号店 ( 2017/06/08 )

猛暑で停電・トラブル、北部 ( 2017/06/07 )

イオンに大型書店、50万冊 ( 2017/06/06 )

シネコンのCGV、追加投資 ( 2017/06/02 )

外国人客500万人突破、5カ月 ( 2017/06/01 )

鉄道輸送力向上で空と競争 ( 2017/05/27 )

今度は卵が値下がり ( 2017/05/23 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved