ベトナムニュース   |   ベトナム基本データ   |   トレンド

現地時刻:2018年02月21日 13時59分

トップ > 知る  > ベトナムニュース  > 経済  > 外国航空会社が安値攻勢

2009年04月24日

外国航空会社が安値攻勢

 このところ、航空運賃2〜3割引、なかには5割引という例や、航空会社のバックアップがある旅行ツアーの2〜3割引といった大幅値下げが目立つ。なかには、通常の航空運賃に「気持ち」乗っただけ、という値段設定もある。経済後退局面で外国航空各社は様々な手段で利用者獲得を狙っており、これに国内航空会社が押されている。

 3月末に上海−ハノイ直行便を就航したShanghai Airlinesは、キャンペーン期間の料金を通常より110ドル引き下げ、280ドルとした。同航空のサポートを受けたハノイ−上海−杭州−蘇州−無錫−北京の6泊7日ツアーもわずか569ドルだ。さらにこれに国内線1区間がつくとあれば、この旅行ツアーの安さが分かるだろう。これは、就航すぐの路線に客を集めるための、ひとつのキャンペーン手法である。

 4月はじめ、Korean Airlinesもハノイ−韓国、米国、欧州路線の料金を2〜3割引するキャンペーンを開始、同航空ハノイ事務所長によると、同社は韓国の旅行会社と協力して、通常より25%安い韓国旅行ツアーを企画した。

 ハノイ−韓国の往復航空券は620ドルだが、このソウル−エバーランド−DMZを巡る4泊5日ツアーは729ドル。100ドル上乗せするだけで、4泊5日の韓国旅行ができるとあれば、お得であるのは言うまでもない。また実際、経済後退期における競争がなければ、これほどまでのお値打ち価格はなかったかもしれない。空席より安値でも売ったほうがまし、航空会社がそういう方針であることは明らかだ。

 ベトナム航空も2008年末から国内外の旅行会社と協力し、ベトナム−日本、ベトナム−香港間の旅行を推し進めている。同航空も国内旅行会社をサポートし、優待価格のツアーを企画しているが、ベトナムの一部旅行会社によると、国内の観光スポットのホテル宿泊料は依然として高いため、外国の競争相手のような大幅値下げは難しいという。

(Lao Dong)

このページを友人に知らせる

関連記事

大阪発ハノイ行ジェットスター、乗客が荷物受取れず

1月の空港利用者780万人

コンダオ空港、2020年までにA320型利用可能

ベトナム航空、累計旅客数2億人達成

フーコック島に英国からの直行便が初到着

航空各社がテト期のチケット発売

ノイバイ空港タクシー、最安サービスが登場

ハノイ−Phu Yen線を再開

飛行機遅延や欠航時サービスで新規則

外国人パスポート失っても国内線利用可能に

ロンタイン国際空港設計「蓮の花」案

ベトナム航空売上増、24時間体制顧客ケア 

ジェットスター ダナン/ハノイ−大阪便を開設

JP航空、ハイフォン−QB線就航

越空港管制、30分応答せず

ロンタイン空港設計案、候補3案に

ベトナム航空ハノイ−シドニー線就航

空港放置のボーイング機を競売へ

ジェットスターがモバイルチェックイン導入

日本人男性、靴脱がず搭乗拒否

VN航空、今年の利用者2000万に

ベトジェット、ハノイ−台北/フエ線就航

ベトナム航空、子供用設備拡充

バニラ・エア、HCM−東京線を就航

酒貰えず韓国人機内で座席壊す

CAをビンタ、男性ビジネス客に罰金

エミレーツ航空がハノイ線就航

ベトナム航空が手続き簡素化

ANA、10月に成田-HCMC線増便

中国南方航空が広州-フーコック線

レーザー照射事件多発、ノイバイ空港

ベトジェットエアがホーチミン市−台南線

ベトナム航空がダナン・バンコク線就航

航空各社、越直行便を続々開設

ベトジェット、ハイフォン発着便を就航

カットビ空港が国際空港化

ハノイ、2020年までに5空港体制

タンソンニャット空港ラウンジがリニューアル

クアンニン空港、17年Q4にも開業へ

テト期の飛行機利用者20%増

ベトナム航空、テトはチェックイン前倒し

ダナン空港利用者、今年600万人に

ベトナム航空ハイフォン・ニャチャン線就航

越入国便で免税品購入が可能に

Uber、ダナンでヘリコプター手配サービス

ラオスの国際空港、越企業が支援

ダナン空港国際線ターミナル来年着工

エアプサン、釜山−ダナン線就航

「操縦室に常時2人」ベトナムも

空港総公社、Q2にもIPO実施へ

「爆弾!」ベトナム航空機に遅れ

ダナン空港、年間利用500万人に

ベトナム航空、テト期に1200便増便

ロンタイン国際空港投資を閣議決定

豪発ベトナム航空便でテロ騒動

カンボジアのパイロット育成を支援

ジェットスター、3,500万ドル追加投資

空港開発、計画見直し求める声

ベトナム航空、乗客情報検査を強化

ベトナム航空、9月にIPO実施

機内ローミング、導入進まず

ノイバイ空港、拡張部分供用開始

ベトジェットがまた機内でビキニショー

越航空、自動チェックイン機運用開始

越ホテルが民間航空会社買収

ブンタウ空港、市街地から移転

空港にホットライン設置、クレーム受付

空港の喫煙所を順次廃止へ

ベトナム航空、ダナンに緊急着陸

ダナン増便、フーバイ空港一時閉鎖

ダナン-成田直行便、今年末再開へ

SGN滑走路修理、国内線に影響

空でも“自由”なベトナム人

機内で盗難、要注意は香港便?

航空運賃値上げ、改定は3〜4%

機内でビキニパフォ、VietJet Air罰金

ベトナム航空、ハノイ−成都便を就航

VietJet Air、自動チェックイン機導入

新たに5航空がベトナム路線を拡大

VietJetAir就航、来年ダナンにも

客室乗務員に痴漢、乗客に罰金

ソウル−ダナン線を就航、アシアナ航空

インドシナエアライン、ライセンス取り消し

VN航空、副機長が飛行暦虚偽?

英国便12月に就航、ベトナム航空

反体制の内容含むDVDで摘発

VN航空フエ便運休、滑走路補修で

エアメコン、米スカイウエストに株式売却

ベトナム航空、国内線20%値上げへ

ベトナム航空、ホーチミン-北京線就航

ダナン空港、滑走路閉鎖でトラブル

航空各社、キャンペーン展開続々

ベトナム航空が東京便を倍増へ

エアアジア、越で格安航空会社

VN航空、日本4路線就航へ協議

航空会社の事故隠しが明らかに

ベトナム航空、航空機16機を受領

空港地上職員の対応に疑問

空港職員が旅客の荷物から窃盗

空港タクシー、料金要求に不信感

客室乗務員、高収入も狭き門

ベトナム航空、料金システムを変更

ベトナム航空、オンライン決済を開始

国内線の燃油サーチャージを廃止

空港で「暮らす」外国人

静岡−フエ線、来年3月就航へ

荷物紛失、客が航空会社訴える

国際基準に程遠い出入国手続き

空港地上サービス、値上げ

テト期間、国内線を300便増便

タンソンニャット空港拡張へ

スクラップ回収で財を成した村

人気のないベトナムの免税店

パシフィック航空、内外路線拡大

国内線、10月から液体持込禁止

フエの空港が国際空港化

空港新ターミナル仮オープン

突然の欠航に受験生ら困惑

ベトナム航空、国内線増便

機内で乗客が麻薬吐き出す

国内線利用は20人に1人

ベトナム航空、福岡便など増便

格安航空、シンガポール線就航

チケット所有も搭乗できず

格安航空券、5万枚発売

ベトナム航空

荷物紛失頻発、ベトナム航空

国内線、値下げキャンペーン

記事一覧

外国の有名ブロガー呼んで観光PR、ダナン市 ( 2018/02/09 )

1月の空港利用者780万人 ( 2018/02/07 )

ホーチミン市外来診療患者は4,200万人 ( 2018/02/05 )

クアンチ省で工業団地・都市開発 ( 2018/02/03 )

外食傾向が強まるベトナム家庭 ( 2018/02/01 )

1月の外国人訪越客43万人、前月比12%増 ( 2018/01/31 )

アグリバンク、ドル口座不要の海外送金 ( 2018/01/29 )

日用消費財、国内ブランドが70%超  ( 2018/01/25 )

ベトナム鉄道、2021年までに新車両に変更 ( 2018/01/24 )

2020年のエビ目標輸出額55億ドル ( 2018/01/23 )
ベトナムニュース The Watch。週4回(月・水・金・土)電子メールでベトナム最新情報を送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。

  カテゴリ
政治  /  経済  /  文化  /  出来事
ニュース検索
キーワード
カテゴリ

  スポンサーサイト

  注目の話題

  Promotion
広告募集

© 2006 VietnamGuide.com. All Rights Reserved